体の見えない部分も意識する「棒くぐり」です。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-03-11

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

自分の体の見えない部分まで意識することは、

身体周辺感覚を鍛えることでできるようになります。

普段の生活の中ではあまり意識することがないので、

運動遊びで身につけていきたい力の一つです。

 

今日は「棒くぐり」遊びのご紹介です。

棒や縄で最初はかがんでくぐれるほどの高さの障害物を作ります。

だんだん低くしていき、最後はお腹と胸を床につけたワニさんで

棒に当たらないようにくぐっていきます。

くぐる時は頭より後ろは見えないので、

しっかり意識を向けながらお尻や足が当たらないようにします。

ゆっくりで良いので、体の隅々まで意識を行き届かせながら

手足を上手に使ってくぐれるようにします。

低い高さもくぐれた時、達成感に満ちたとても良い表情になりますよ。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top