「うつ伏せレスキュー隊」で段階に合わせて腕の力を育てます。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-04-26

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

運動療育プログラムには腕の懸垂力を育てる遊びがたくさんあります。

その中で、小さいうちから挑戦できる遊びが「うつ伏せレスキュー隊」です。

縄を用意して、端は指導者が持ちます。

子どもは1人ずつ縄の反対側にうつ伏せになり両手で縄を握ります。

そしたら片手ずつ手を動かし、体を引き寄せて進みます。

腕の力だけで全体重を引き寄せるので、かなり力を使います。

そこで、進めない子は足を使っても良いことにします。

それでもまだ進みにくい子は、うつ伏せで縄を両手でつかんだ状態で

指導者が縄を引っ張って子どもを引き寄せてあげます。

これだとつかまっているだけなので簡単ですが、

ちゃんと腕の力は使えているので少しずつ力がついていきます。

だんだん力がついて、腕の力だけでできるようになったら、

うつ伏せから仰向けの状態にも挑戦します。

 

1人1人に合わせた段階の動きで、それぞれが成長していけるように

運動遊びの提供をしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top