「跳び箱よじ登り降り」で跳び箱に慣れ高所感覚を身につけます。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-04-21

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

高所感覚や逆さ感覚を身につけておくことは、動きの幅を広げ

運動が楽しいと思えるようになることにつながります。

 

今日は、高所感覚を身に付ける跳び箱遊びをご紹介します。

跳び箱を縦に置き、手を使ってよじ登ります。

上についたら四つんばいで180度方向転換し、後ろ向きになります。

そしたら後ろ向きのまま足から降りていきます。

この遊びでは手足の指先を力を多く使うので、

手先の器用さなどにもつながる動きになります。

そして、後ろ向きで降りることで、見えない着地地点を意識し

空間認知力を刺激することもできます。

 

1つの遊びでもたくさん力が育つように工夫されているのが

柳沢プログラムです。

これからも楽しく効果的な運動遊びを提供していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top