「線路ウシガエル」で足を大きく開く開脚跳びの練習です。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-06-02

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

運動療育プログラムにある「ウシガエル」の動きでは、

両手をついて足を大きく開いて跳ぶことで跳び箱の練習になります。

このウシガエルを、線路を使って行なうと手や足をつく位置がわかりやすくなります。

線路は、床に2本のテープを貼って作っておきます。

そして、手は線路の中に、足は線路の外につくように伝えます。

これで、手→足→手→足の順番につきながら線路を渡っていきます。

 

最初はこの動きができていればOkです。

徐々に、手をついた位置よりも前に足がつけるようにしていきます。

これによって跳び箱の開脚跳びで跳びこすときの動きにつながり、

しっかり体重を支えるための腕の力も育ちます。

いろいろな種類のウシガエルさんで、しっかり力をつけていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top