「おつかいゲーム」でコミュニケーション能力を養います。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-10-26

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

運動療育プログラム「おつかいゲーム」をご紹介します。

子ども達が、指導者に指示された物を取ってくる遊びです。

取りに行く時の進み方や、途中でのミッションなど複数の条件を組み合わせていき、

聞く力や記憶力、イメージ力などを育てていきます。

 

例えば「クマさん歩きで歩いて行って、「り」のつく赤い果物を取ったら、

帰りはカンガルージャンプで帰ってきてください。」

「カエルジャンプで跳び箱を1つ跳び越してから、緑色の葉っぱを持って、

帰りは葉っぱを背中に乗せてわにさんで帰ってきてください。」

などです。

 

始めからこんなにたくさんの条件をつけると混乱したり、記憶できないので、

少しずつ条件を増やしたり、難易度を上げながら進めていくようにします。

わからなくなったらヒントも出しながら、たくさんコミュニケーションをとって

遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top