予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

「おつかいカンガルー」で頭を使ったジャンプ遊びをします。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-12-27

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

運動あそびプログラムの「おつかいカンガルー」をご紹介します。
ジャンプ遊びの一番のポイントは「両足を閉じる」ことです。
足を閉じたジャンプをすることで、足の指先の踏ん張る力や
腹筋、背筋などの体幹の力もしっかり使うことができます。

ただ、子ども達に「足をくっつけてジャンプしようね」と伝えても、
時間が経つと忘れてしまうことが多いので、
声掛けだけではなく少し工夫をして遊びます。

まず、子ども達は両膝の間に手紙を挟んで、落とさないように
ジャンプしながらゴールまで進みます。
実際に紙を挟むことで、足を閉じておくことが意識できます。

慣れてきたら床に複数の色のカップを並べ、
手紙を色のついた折り紙にしておき、
自分が足に挟んでいる色のカップだけをタッチしながら進んだり、
足に挟んでいる色はタッチしないように進んだりしてみます。

このように、ジャンプ遊びに「色の認識や判断、記憶」といった
認知的な部分を加えたアレンジをして遊んでいくことで
体だけでなく脳の発達も積極的に促すことができます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top