子ども達が動きやすいような工夫や補助を心がけています。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-01-12

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

運動療育プログラムの「足抜き回りでポーズ」遊びをご紹介します。
鉄棒で足抜き回りをします。
速く回転すると楽しいですが、手が滑って落ちてしまったり、
肩を脱臼する可能性があるので、ゆっくり回転するようにします。

子ども達が自ら意識してゆっくり回転することができるように、
着地地点に小さなフープや小さく切ったマットを置き、
その中に着地するように伝えます。
そうすると、回転の途中で着地地点を見て確認しなければいけないので、
ゆっくり回転することができるようになってきます。

そして、着地の後は自分の好きなポーズを決めます。
ポーズを決めることは忘れやすいので、
最後まで覚えていてできるようにします。

着地地点の目印は、絵の描いてある物にして何の絵か当ててもらったり、
2色のマットを置いて「青いマット」と
着地する色を指定するようにしても楽しく遊ぶことができ、
しっかり目標物を見ようと動きをコントロールする動機付けにもなります。

いろいろな工夫をして、子ども達のやる気を高めながらできるようにし、
少しずつ次のステップへ進んでいけるように遊んでいます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top