予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

こどもプラスの療育は、遊びながら生活力や身体能力を身につけていくことができます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-01-25

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

幼児期は、知的障害のある発達障害が見つかりやすい時期です。
知的障害のない発達障害の場合は、症状が軽度だったりすると
幼児期に見つけるのは難しいことがあります。
発達障害への療育は、早いほど効果が上がりやすいので、
できるだけ早い段階で動き出すことが大切になります。

私達こどもプラスの放課後等デイサービスには、
就学前の小さなお子さんも通うことができます。
そして、療育内容も体を楽しく動かす「運動あそび」がメインなので、
遊んでいる感覚で記憶力や判断力、2つのことを同時に行なう、
言語力やコミュニケーション力などたくさんの力を身につけていくことができます。

運動療育プログラムの「平均台で魚釣りゲーム」をご紹介します。
まず事前に魚や釣竿は製作の時間などを使って作っておきます。
この魚を、平均台の周りにたくさん置いておき、
平均台の上から釣竿を使ってひっかけて釣ります。

平均台の上は狭いので、落ちないように足の指先や腹筋背筋にも
力を入れて踏ん張らなければいけません。
これによってバランス感覚が身につきます。
そして、魚を釣るために正確に魚の位置を把握し、
糸、釣竿、自分の腕の長さや角度などを見極める空間認知力も養われます。

難しすぎるとやる気をなくしてしまうので、
最初は平均台の近くに魚を置いて、少しずつ遠くの魚を目指しながら
楽しく身体能力を向上させていきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top