予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

ASD孤立型では人との関わりがとても苦手なので少しずつ練習します。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-02-02

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

ASDの子ども達は、子どもによって全く違った様子のことがあります。
例えば、「孤立型」と呼ばれる子どもの場合は、
人からの関わりを不快に感じるので、1人になりたがります。

この場合は、具体的にどんなことが不快なのかを見極め、
それを取り除いてまずは安心させるようにします。
そして、人と関わる練習は少しずつ行なうようにします。

他にも知能や興味関心、感覚過敏や鈍麻など個人差は大きいので、
個々への対応がとても大切です。
こどもプラスの教室では、一人一人への対応をとても大事にしています。

教室で行なっている運動療育プログラムから「運転手さん」
という遊びをご紹介していきます。
子ども達は2人組になったら、1人は仰向けになり、
もう1人は立ってその子を押す役になります。

仰向けになった子は、足を閉じてまっすぐ伸ばし、
両手も体の横にぴったりつけて「気をつけ」の姿勢になります。
押す役の子は、その子の両足の足首を持ち上げて
自分のお腹にくっつけたら、お腹で押して進みます。

スムーズにまっすぐ進むためには、仰向けの子が
ふにゃふにゃしているとうまく進めないので、
全身に力を入れて、硬い1本の棒のようになることを目指します。

また、押す方押される方のどちらかが脱力している状態だと
力がうまく伝わらず、スムーズに進むことができません。
2人が同時に体に力を入れていることが大切なので、
お互いに相手に意識を向けられるように練習していきます。

こうした遊びで遊びながら、少しずつ社会性を身につけていけるように
サポートしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top