予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

アンケート

最近の投稿

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

脳のワーキングメモリを鍛えることでADHDの症状が改善することもあります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-03-08

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

ADHDでは多動性や衝動性はほとんど見られず、
不注意によるうっかりミスが多くみられる場合があります。
このうっかりミスは不注意が原因だけではなく、
脳のワーキングメモリの弱さも関係しています。

ワーキングメモリは「作業記憶」とも呼ばれ、
一時的に記憶を保管しておく機能で、
人と会話をする時や料理などの段取りが求められる作業でも必要です。

日常生活のあらゆる場面で必要不可欠な能力なので、
運動療育によって効果的に育てていきます。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「なぞなぞ大縄跳び」をご紹介します。
大縄跳びを1人で跳びながら、なぞなぞや質問に答えます。

簡単そうに見えますが、縄のタイミングに合わせて一定のリズムで
ジャンプをしながら、なぞなぞを聞いて理解し、
さらに答えを導き出すというのは意外と高度で難しいことです。

簡単な質問から始めて少しずつ上達を目指し、
聞く力、コミュニケーション力、思考力、判断力、
空間認知力など様々な力の発達を促していきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top