予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

5月, 2018年

ADHDでも不注意優勢型は気付かれにくいことがあります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-05-31

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

ADHDの主な特徴は「不注意」「多動性」「衝動性」ですが、
どれかの特性が優勢だったりその現れ方や程度は個人差が大きく、
家庭と学校で違っているなど、関わる人や環境によっても変わります。

そして、特に不注意特性だけが強い子の場合は
周囲から気付かれにくく、支援が遅れてしまいやすいので注意が必要です。
症状が目立たなくても、子どもの行動をしっかりと観察していけば
どれだけの困り事があって、どんな支援が必要なのかが
見えてくるので、発達障害の診断の有無に関わらず療育支援を
受けることがとても大切です。
私達も、様々な活動で支援を広げていきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービス教室で提供している
運動療育プログラムから「ポイントジャンプ」をご紹介します。

A4サイズほどの大きさに切ったダンボールやヨガマットを
複数用意し、飛び石のように間を空けて配置します。
これを石に見立てて、石の上だけを両足ジャンプで跳び移って
渡っていきます。
ジャンプをする時は、両足を揃えたジャンプが脚力や腹筋背筋を
養うのに効果的なので、足を閉じたジャンプを意識して行います。

また、石と石の距離をランダムに配置することで
跳ぶ時に頭の中でうごきのシュミレーションがされて
空間認知力を強く育てることにつながります。
また、石と石の距離やそれを跳ぶのに必要なジャンプの大きさ、
力の入れ具合、着地時の姿勢やゴールまでの道順などを
考える力も養われます。

最初は石の上だけを渡れれば良いですが、慣れてきたら
石に色をつけて「青い色だけ渡る」「赤→青→黄の順番で渡る」
「赤は爆弾だから乗ってはいけない」などの
乗って良い色や乗ってはいけない色、順番や数などを
指定しながら遊ぶことにも挑戦していきます。

個々の集中力に合わせたり、興味を持てる工夫などもしながら
楽しく療育活動でスキルアップを目指していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    オタマジャクシ

    2018-05-28

    陵南公園のじゃぶじゃぶ池には、オタマジャクシが沢山います。

    子ども達は、オタマジャクシに触れ楽しそうにしていました。

    今後も観察しに行けたらと思います!

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    パフェ

    2018-05-24

    手作りおやつに挑戦しました。

    今回は、パフェづくり!

    いちごとバナナ、カステラと生クリーム、それからチョコソース!

    美味しく食べることが出来ました。

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ADHDやASDでの過集中は生活に影響が出やすいので早期支援が大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-05-24

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    ADHDやASD(自閉症スペクトラム)の子ども達には、
    自分の好きなことや興味のあることに極度に集中しすぎてしまう
    「過集中」の特性が見られる場合があります。

    過度に集中しすぎてしまうとそれ以外のことに意識が
    向けられなくなるので、日常生活での必要最低限のことが
    こなせなくなってしまったり、
    過集中の反動で虚脱状態になってしまう、
    何かの依存状態になりやすい、心身の健康に影響が出てくるなど
    多くの問題につながりやすくなります。

    過集中にならないように予防・改善していくことが大事ですが、
    本人の努力だけでは難しいのでサポートが必要です。
    強い集中力はやり方次第で強みにしていくこともできるので、
    良い方向に導いていけるように私達も支援を続けていきたいと思います。

    今日はこどもプラスの放課後等デイサービス教室で提供している
    運動療育プログラムから「アヒルの音聞き」をご紹介します。

    足を開いてしゃがみ、両手は口とお尻の辺りにつけて
    くちばしとしっぽのようにします。
    この「アヒル」の姿勢になったら、
    タンバリンの音に合わせて「1、2、1、2」と歩きます。
    途中でタンバリンの音が止まったらぴたっと動きを止め、
    タンバリンの音が鳴り始めたらまた歩きます。

    タンバリンの音に合わせて動き、音が止まったら止まるということが
    抑制力や切り替え力を養い、脳の前頭前野を育てます。
    音に集中してできるようにタンバリンのリズムを変化させたり、
    音の強弱をつけながら行ないます。

    また、アヒル歩きでは足の指先の力やバランス力を強く養い、
    今の子ども達が苦手な股関節を開くという動作も
    経験していくことができます。

    運動療育は、運動あそびよって体の発達だけでなく
    人と関わる上で必要な社会性やスムーズな社会生活につながる
    多くの力の発達を目指して、個々のペースで進めていきます。
    子ども達の将来の姿を見据えた支援を提供していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    小宮公園へ!

    2018-05-22

    小宮公園へ行った日は、暑い日でした…

    子ども達は汗をたくさんかきながら、滑り台や虫さがし、木登りをしていました。

    小宮公園には、クマのはく製や野鳥のはく製が展示してある施設があります!

    トイレ休憩も兼ねて、見学しに行きました。

    カメさんも飼っていたようで、子ども達は大盛り上がりでした!

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害による感覚過敏は環境調整や対処法の習得で軽減させることが必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-05-18

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害の中でもASD(自閉症スペクトラム)の子ども達では、
    視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚といった五感の
    過敏性を持っていることが多くあります。

    この過敏さによる不快さはなかなか想像しづらいですが、
    本人にとっては耐え難い苦痛で、様々な体調不良につながったり
    パニックのきっかけになることもあります。

    子どもは特に、自分の不快さや苦痛に感じていることを
    言葉にして相手に伝えるのが苦手な場合が多いので、
    身近な大人がしっかりと観察してあげることで原因を取り除いたり
    環境を調整する必要があります。
    そうすることで子どもの不安やストレスを軽減できたり、
    パニックや問題行動を予防することにもつながります。

    発達障害を持つ子ども達が安心して過ごせるように
    私達も1人1人への支援を大事にしていきたいと思います。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
    提供している運動療育プログラムから「集合ゲーム」を
    ご紹介します。

    まずは、集合する場所をマットなどで3~4箇所ほど
    用意しておきます。
    そして、「赤いマット」や「縄の中」などと集合する場所を
    指示するので、子ども達はそこへ素早く移動します。

    最初のうちは、集合場所をスタート位置からできるだけ直線上に
    設定し、子ども同士がぶつかったり転ばないように配慮します。
    慣れてきたら集合場所をかえたり、さらに言語理解を高めるような
    指示の仕方、動作の追加などをして遊んでいきます。

    この遊びでは、語意力や記憶力、集中力、判断力、抑制力、
    空間認知力などを育てることができ、身体面でも足の指先の力や
    瞬発力などの基礎筋力を養うことができます。
    個々に合わせて必要な力をつけられるように難易度調整をしたり、
    特性、興味に合わせた工夫をして楽しく遊べるように
    提供していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害の二次障害として睡眠障害を併発するケースも多くあります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-05-17

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    子どもは、生まれてから3歳頃までの間に睡眠リズムを確率していきます。
    しかし、それ以降も不眠や過眠などの問題が続く場合は
    対処が必要になってきます。

    発達障害を持つ子ども達の中には、二次障害として睡眠障害を
    引き起こしてしまうケースがよくあります。
    発達障害の特性によって脳が覚醒しやすかったり
    切り替えが苦手だったりと、様々な要因で睡眠に問題が
    起きてしまいやすいのです。

    症状がひどくなる前に適切な方法で対処していくことが大切です。
    教室でも、1人1人に合わせて療育活動でサポートしていきます。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「伝言リレー」をご紹介します。

    子ども達をグループ分けし、グループ内でさらに半分ずつになり
    2箇所に分かれて並びます。
    まず先頭の子が指導者から伝言のキーワードを聞いて覚え、
    反対側にいる自分のグループの友達に走っていって伝言を伝えます。
    走っている間に伝言を忘れてしまわないように
    最初は単語など単純な伝言内容にします。

    伝える子は、伝言が他の人に聞こえないように小さな声で、
    なおかつ聞いている子には聞き取れるように
    はっきりと発音をすることがポイントです。
    伝言を聞く側の子は、相手の声に意識を集中させて聞き取ることで
    集中力が養われます。

    他にも、ルールを守って遊ぶ社会性や伝言を覚えておく記憶力など
    いろいろな力を育てる遊びなので、
    育てたい力に合わせたアレンジで遊んでいきます。
    ただ、発達障害の特性によっては難しい場合もあるので、
    子ども達に合わせたルール設定や遊び方で、
    無理なくできるように配慮もしています。

    療育活動では、子ども達が自主的に楽しく参加できることが
    一番大事で、それが療育の効果を高めることにもつながるので
    いつも子ども達に合ったものを提供できるように心がけて
    いきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ホットドッグ

    2018-05-17

    お昼ご飯にみんなでホットドッグづくり!!

    子ども達も楽しそうでした!

    次は何を作ろうかな~?

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ADHDの困り事は成長と共に変化することがあり早めの対処が大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-05-15

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    子どもの頃にADHDと診断された人達の中には、
    成長と共に多動性などの症状が目立たなくなったり、
    自分の特性を理解して対処法を身につけたりすることで
    日常生活での困難を減らしながら乗り越えている人もいます。

    ただ、成長するにつれて周囲のサポートがなくなっていったり、
    自分の行動に責任が出てきたりするので、
    子どもの頃とは違った困難さを感じ始めることが多くなります。

    発達障害による症状は脳の癖なので、軽減することはあっても
    なくなることはありません。
    そのため、子どもの頃からの療育活動がその後のスムーズな
    社会生活にとても重要になってきます。

    こどもプラスの放課後等デイサービスでは
    子ども達の将来を見据えた支援を大事に療育活動を進めています。
    今日は、こどもプラスの教室で提供している運動療育プログラムから
    「障害物つなわたり」をご紹介します。

    床に縄を置き、縄の上にランダムに障害物を置いていきます。
    障害物は、スリッパやぬいぐるみ、紙コップなど
    万が一踏んでも危なくないような物にしています。

    この縄の上をつなわたりのように渡っていきますが、
    足が障害物に当たらないようにまたいで避けながら進みます。
    障害物があることで、ただ縄から落ちないように渡る時よりも
    強いバランス力が必要になり、空間認知力も養われます。

    障害物はいろいろな形や大きさのものを用意して、
    始めのうちは少なめの数で間を空けて設置し、
    少しずつ数を増やして間隔を狭めたり、高さのある物にして
    難易度を上げたりしながら、1人1人に合わせて行なうようにしています。

    遊びは簡単すぎても難しすぎても子ども達のやる気を
    引き出せないので、1人1人が少しがんばったら達成できるような
    ものを見極めながら提供していきます。
    そして、体の発達だけでなく脳機能や心の発達も同時に促せるように
    考えながら、楽しい療育活動を心がけていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害特性による困り事の多くは周囲の支援で軽減可能です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-05-11

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害を持つ子ども達は、その特性によって日常生活の中で
    様々な不都合や困り事を抱えています。
    困り事は多岐に渡り、他の人には想像しにくいものも多いですが、
    その多くは周囲の人のサポートによって軽減させることができたり、
    うまく対応していくことができるようになります。

    子ども達が感じている困り事が減ってスムーズに生活できるようになり、
    将来的な自立につなげていけるように
    1人1人のニーズに合った療育を提供していきたいと思います。

    今日はこどもプラスの放課後等デイサービス教室で提供している
    運動療育プログラムから「サルのカップキック」をご紹介します。

    子どもは両手で鉄棒につかまり、脇を締めて肘を曲げた状態で
    ぶら下がる「おサルさん」に変身します。
    そしたら子どものお腹くらいの高さに、赤と青など2色のカップを
    横に並べて出し、どちらのカップをキックするかを伝えるので
    子どもは指示された色のカップを素早くキックします。
    キックは両足を揃えた両足キックが理想ですが、
    難しい場合は片足キックでも構いません。

    大事なポイントは、肘を曲げた状態で行なうことです。
    肘が伸びていると左右にキックを出そうとしても
    下半身しか動かせないので、狙った位置に足を出すことができません。
    しっかり脇を締めて肘を曲げてできるように
    必要に応じて補助もしながら行います。

    スムーズにできるようになってきたら、キックするカップの色を
    「トマトの色」などと指示することでイメージ力を刺激したり、
    「赤→青の順番にキック」と記憶力を刺激するような指示でも
    行なっていきます。

    また、筋肉に力を入れた状態で思考をすることで、
    2つのことを同時に処理する能力も高めていくことができます。
    日常生活の多くの場面で必要とする力なので、
    運動あそびで効果的に身に付けていけるように促していきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02 « Older Entries

    ▲page top