予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

Posts Tagged ‘ASD’

かんしゃくを起こしやすい子には自己肯定感を高める療育も効果的です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-10-10

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害の子ども達の中には、ゲームや競争で負けた時に
泣いたり暴れたり、かんしゃくを起こす子がいます。

かんしゃくを起こすことは、小さいうちは珍しいことではありませんが、
小学生になっても続くと授業に支障をきたして
他の子ども達への影響が出てしまったり、
何よりもかんしゃくを起こしている本人がとても辛い状態になってしまいます。

まずはかんしゃくを起こさないように配慮しながら、
少しずつ代替行動を覚えたり、思考の柔軟性を身に付けること、
そして自己肯定感が低いとかんしゃくの原因になりやすいので、
自分に自信を持てるように支援していきます。

こどもプラスの放課後等デイサービスでは、運動あそびによる運動療育を
主軸としていますが、運動あそびを行なう中でそうした力も身に付けていけるように
1人1人に合わせた支援を行なっています。

教室で提供している運動療育プログラムから「クマの足スキップ」をご紹介します。
まずは、四つんばいから膝とお尻を上げたクマの姿勢になります。
そしたら、両手は床についたまま動かさずに、
足だけをリズムよく動かして足スキップの練習をします。
「1,2,1,2」の掛け声や手拍子で、子ども達がリズムを
取りやすいように促しながら行います。

その場での足スキップがスムーズになったら、ゆっくり前に進んでみます。
前に進む時には、手は「1,2,1,2」のリズムで動かしますが、
足は1回に3歩進むリズムになります。
そのため、頭の中で手の動きと足の動きに別々に意識を向けて
リズムを取りながら動かすことが必要になり、難易度が上がります。

速く進もうとすると転んでしまうだけでなく
あまり意味がなくなってしまうので、ゆっくりリズムを大事にしながら
進めるように伝えていきます。

運動あそびでは、小さな目標をたくさん達成しながら
成功体験を積み重ね、自信をつけていくことができます。
個々にあわせた目標設定で、無理なく楽しく取り組んでいくことが
できるように細かな工夫をたくさんしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害での常同行動は意味のある行動なので適切な対応が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-08-29

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害の子ども達は、ブロックをひたすら並べたり、
    回転する物をずっと見続けたり、同じ行動を延々と
    続けていることがあります。

    他の人から見れば、一見意味のないように思える行動ですが、
    それをすることで心の安定を保っていることが多いので、
    無理にやめさせるとパニックになったり、
    全くやらせないようにしてしまうとストレスがたまります。

    だからといって、やらなければいけないこともあるので、
    うまく切り替えられるように導いていくことが大切です。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「おつかいリレー」をご紹介します。

    少し離れた台の上に、いろいろな絵カードを置きます。
    子ども達は数人で1つのチームになり、
    指定された絵カードを1人ずつリレー形式で持ってきます。

    例えば「ご飯を食べる時に使う2本の細長いものは?」などの
    問題を出すので、答えをチーム全員で考えます。
    答えがわかったら一番最初の人が絵カードを取りに行きます。
    正解したら、次の人と交代します。

    1人ずつ順番に行ない、できるだけ速く全員がゴールできるように
    協力して遊びます。

    自分の順番を覚えておくことや、問題を聞いて考えること、
    友達とコミュニケーションを取ったりすることなど
    たくさんの要素があり、少し難しい遊びです。

    子ども達の理解力や集中力などにも合わせて、
    工夫しながら遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害の子は感情のコントロールが苦手なので適切な対応が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-06-20

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害を持つ子ども達は、感情のコントロールが苦手です。
    ゲームで負けたり、思い通りにならないことがあると
    かんしゃくを起こして、泣き叫んだり暴れたりすることも
    よくあります。
    ただ、これは決してわがままや育て方のせいではなく、
    脳の特性によってそうなっていることなので、理解が必要です。

    そして、一度かんしゃくやパニックになってしまったら
    落ち着くまでクールダウンの時間をとるしかないので、
    感情的にならず、冷静に対応することが大切です。
    落ち着いてから、子どもの気持ちに共感してあげたり、
    気持ちを代弁してあげたりしながら、一緒に
    具体的な方法を考えていくようにします。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「焼いも洗い機」をご紹介します。

    まず、子どもはマットの上で仰向けになり、
    両手はバンザイのように上に伸ばし、頭の上で手の平を合わせます。
    足もまっすぐにして、くっつけておきます。

    しっかり手足をくっつけたら、指導者が子どもを横から
    押して、ごろごろ転がしていきます。
    最初はゆっくりのスピードで、だんだん速く転がします。

    自分の力で転がるよりもスピードが速くなるので、
    手足が離れてバラバラにならないように気をつけます。
    手足がバラバラになったり体が曲がったりすると
    まっすぐに進めないので、マットから落ちたり、
    スムーズに転がっていくことができません。
    手足をくっつけて、体がまっすぐになるように力を入れます。

    慣れてきたら、マットの端を持ち上げて傾斜をつけて
    勢いよく転がっても楽しく遊べます。

    この遊びでは、子ども達の身体コントロール力、回転感覚、
    空間認知力などを楽しく遊びながら育てることができます。
    スピードが上がるとそれだけ危険も上がるので、
    安全な環境設定と補助で、安心して体を動かして
    遊べるようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ASDでは急な変更が苦手ですが生活の中では多々あり、対応力をつける必要があります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-06-09

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    私達の日常生活では、予期しないことが多々起こります。
    欲しい物があって買い物に行ったら売り切れていた、
    いつも行くお店がリニューアルされていた、
    いつもの道が工事で通れなかった、など様々な場面で
    そうしたことがあります。

    その場合、違う物で対応したり、諦めて納得することが
    できにくいのが、ASDの子ども達です。
    ASDの人は、常に先の見通しが立たないと不安でいられないので、
    予期しないことが起こると見通しが崩れてパニックになってしまいます。
    ただ、予期しないことや急な変更は社会に出ればどんどん
    多くなるので、少しずつ対応力をつけていく必要があります。

    こどもプラスの放課後等デイサービスでも、
    子ども達の将来を見据えた支援を大切にしています。

    今日は、私達の教室で提供している運動療育プログラムから
    「フープまたぎくぐり」をご紹介します。
    フラフープを椅子にかけて、高さのある障害物を作ります。
    この障害物を1往復します。

    まずはフープに当たらないように、
    フープをまたいで中に入り、反対側をまたいでフープの外に出ます。
    帰りはフープの中にまたいで入ったら、
    出る時はその場でうつ伏せになり、地面を這うように進む
    ワニ歩きでフープの外に出ます。

    この時に頭やお尻がフープに当たりやすいので、
    最後までフープに当たらないように、
    見えない部分にまで意識を向けて慎重に進みます。
    最後まで集中するのが難しかったり、苦手な子は、
    フープの代わりにまっすぐな棒で行なうようにします。

    高さのある障害物を使って、当たらないようにまたいだり
    くぐったりすることで、身体周辺感覚やバランス感覚が育ち、
    普段から転びにくくなります。
    速さよりも正確性を大事にしながら、
    しっかりと力の発達を促し、日常生活に活かせるようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害の子ども達に運動療育で様々な力の発達を促します。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    2017-05-30

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    私達こどもプラスの放課後等デイサービスでは、
    運動あそびによる運動療育を主軸として
    療育活動を行なっていますが、
    運動することは、体力や筋力、運動技術を身につけるだけでなく
    様々な面で子ども達を育ててくれます。

    読書や読み聞かせ、知育玩具で遊ぶよりも
    脳を活発に働かせることができるので、
    より効果的に発達を促す工夫をしながら、
    子ども達にとって楽しい活動をするようにしています。

    教室で提供している運動療育プログラムの中から
    「ウシガエルのフープ渡り」をご紹介します。
    フープを5つほどくっつけて並べます。

    子ども達は足を開いてしゃがみ、
    両手をパーにして中についたウシガエルの姿勢になり、
    手→足→手→足の順番に前に出して進んでいきます。
    足をつく位置は、手の横あたりになるようにします。
    そして、フープの中だけに手足を入れて、
    フープを踏まないように進みます。

    手をつく位置がフープの端だと、
    足を置く場所がなくなってしまうので、
    フープの真ん中に手をつけるように気をつけます。
    フープを踏まないで進むには、どこに手をついて、
    どこに足を持ってくれば良いかを常に考えながら、
    体を動かすことがポイントです。

    また、手足が同時にジャンプしてしまわないように、
    ゆっくりで良いので正確に進むことを大事にします。

    慣れてきたら、手の位置よりも足が前にくるようにしたり、
    コースをアレンジしたりしながら、
    考えながら動く力を養っていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    運動不足になりがちな発達障害の子ども達に運動療育を提供しています。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-03-17

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    現代の子ども達は様々な要因から体を動かす機会が減り、
    体力や運動能力が著しく低下しています。
    発達障害のある子ども達は運動が苦手だったり、
    運動をする機会自体があまりないことなどから
    特に運動不足になりがちです。

    子どものうちからたくさん体を動かすことは
    子どもの心身の発達のためにとても重要なことなので、
    運動あそびによる運動療育に私達は力を入れています。

    教室で提供している運動療育プログラムの中から
    「大縄ポイント走り抜け」をご紹介します。
    大縄大きく回すので、回っている大縄の中を
    まずは正面から入って一気に走り抜ける遊びをしておきます。

    縄の動きをよく見て、タイミングを計って
    縄の中を走り抜けることができるようになったら、
    次は走り抜けるコースを指定します。
    右から入って左斜めに抜けるコース、
    正面から入って直線に抜けるコース、
    左から入って右斜めに抜けるコースの3つです。
    それぞれ、入るポイントと出るポイントがわかりやすいように、
    フープやコーンで目印を作っておきます。

    最初、ただ走り抜けるだけの時は
    縄の位置だけ意識すれば良かったのですが、
    進むコースが決まっていることで、縄の動きにプラスして、
    入り口と出口の位置にも意識を向ける必要が出てきます。

    この遊びを繰り返し行なうことで、リズム感や空間認知力、判断力、
    瞬発力、2つのことに同時に意識を向ける力などを
    強く育てていくことができるので、
    1人1人の様子に合わせながら提供していきたいと思います。

    運動による成功体験が、子ども達の成長に必要な「自信」の獲得に
    つながるので、無理なく挑戦していけることを大事に活動しています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ASDは生まれつきの障害ですが、必ず成長するので適切な療育が大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-02-21

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    ASD(自閉症スペクトラム障害)の中には、分類すると
    孤立型、受動型、積極奇異型のタイプがあるといわれます。
    また、成長と共にタイプが変化していくこともあります。

    それぞれに持った特性は異なりますが、
    共通するのはコミュニケーション能力、想像力の部分での困難さです。
    発達障害は生まれつきのものですが、適切な理解と対応、
    そして療育によって必ず成長します。

    こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「足引き飛行機」をご紹介します。
    子どもはうつ伏せに寝転がり、顎を少し持ち上げて浮かせ、
    腕は飛行機の羽のように横に広げます。
    そしたら、指導者がその両足を持って後ろに引っ張っていきます。
    子どもは顎と腕を維持し、バランスを崩さないようにします。

    顎が床につかないように頭を持ち上げることと、
    腕を広げて上げることで背筋がしっかり刺激されるので、
    日常生活で背すじを伸ばした良い姿勢を維持する力になります。

    筋力の強い子、弱い子全員が楽しめるように
    それぞれに遊び方を工夫しながら遊び、
    基礎的な力をしっかりつけていけるようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    脳機能に偏りがある発達障害での症状を運動療育で改善していきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-01-30

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    ASDに含まれるアスペルガー症候群は、生まれつき脳機能に偏りがあることから、
    発達にも偏りが現れる先天性の発達障害の1つです。
    脳の前頭前野の機能が偏っているために、
    社会性やコミュニケーション能力、想像力、こだわりなどの部分に特異性が見られます。

    これらは社会生活の中で困難さを感じることが多い部分なので、
    適切かつ効果的な療育で支援をしていくことが大切になります。

    私達こどもプラスの放課後等デイサービスでは、
    前頭前野に良い刺激を与える独自の運動療育プログラムを用いて
    少人数での活動を行なっています。

    その運動療育プログラムから「めだか走り」をご紹介します。
    指導者の後について1列に並んで走りますが、
    両手を前にまっすぐ伸ばし胸の高さに持ち上げたら、手のひらを合わせ、
    その手を維持したままで走ります。

    普段私達が走る時には、腕を体の横で振ることでバランスをとっているので、
    前にくっつけてしまうことでバランスがとりにくくなります。
    そこで、体の軸を安定させるための力が育ちやすくなり、
    まっすぐ速く走れるようにもなります。
    走る時はまっすぐだけでなく、カーブしたり何かをくぐったりしながら、
    たくさん刺激を与えて遊びます。
    そのときにも手を維持していなければいけないので、
    集中力や記憶力なども同時に養うことができます。

    また、人の後について動くことは社会性の発達につながります。
    列を乱さないように、前の人をよく見て動くことも身につけていきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    こどもプラスの療育は、遊びながら生活力や身体能力を身につけていくことができます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-01-25

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    幼児期は、知的障害のある発達障害が見つかりやすい時期です。
    知的障害のない発達障害の場合は、症状が軽度だったりすると
    幼児期に見つけるのは難しいことがあります。
    発達障害への療育は、早いほど効果が上がりやすいので、
    できるだけ早い段階で動き出すことが大切になります。

    私達こどもプラスの放課後等デイサービスには、
    就学前の小さなお子さんも通うことができます。
    そして、療育内容も体を楽しく動かす「運動あそび」がメインなので、
    遊んでいる感覚で記憶力や判断力、2つのことを同時に行なう、
    言語力やコミュニケーション力などたくさんの力を身につけていくことができます。

    運動療育プログラムの「平均台で魚釣りゲーム」をご紹介します。
    まず事前に魚や釣竿は製作の時間などを使って作っておきます。
    この魚を、平均台の周りにたくさん置いておき、
    平均台の上から釣竿を使ってひっかけて釣ります。

    平均台の上は狭いので、落ちないように足の指先や腹筋背筋にも
    力を入れて踏ん張らなければいけません。
    これによってバランス感覚が身につきます。
    そして、魚を釣るために正確に魚の位置を把握し、
    糸、釣竿、自分の腕の長さや角度などを見極める空間認知力も養われます。

    難しすぎるとやる気をなくしてしまうので、
    最初は平均台の近くに魚を置いて、少しずつ遠くの魚を目指しながら
    楽しく身体能力を向上させていきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    放課後等デイサービスには知的障害児、発達障害児、様々な障害を持つ子どもが通っています。 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-01-24

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    放課後等デイサービスに通っている子ども達は、
    知的障害児、ダウン症児、自閉症スペクトラムやADHDなどの発達障害児、
    療育手帳の発行は受けられないが受給者証はもらえる発達に遅れがある子、
    など様々です。

    私達こどもプラスの教室で主軸としている運動療育では、
    脳の働きを向上させる独自の運動プログラムを用いて、療育活動を行なっています。
    運動といっても「運動あそび」なので、
    遊びながら生活力向上を目指すことができ、
    何よりも個々の段階に合わせてカリキュラムを作ることができるので安心です。

    その運動療育プログラムの中から「足を使った積み木積み」をご紹介します。
    まず大きめの積み木やブロックなどを用意しておき、
    その前に体操座りのように膝を立てて座り、両手は後ろについておきます。
    そして足だけを使って積み木などを積み上げていきます。

    積み木などを持ち上げる時は、両足の親指辺りで挟むようにします。
    できるだけ高く積めるように挑戦しながら遊びます。

    この遊びでは腹筋背筋や太ももの筋力、足の内側の筋力が養われ、
    日常生活での姿勢保持に必要な力が身につきます。
    良い姿勢を維持することは集中力を上げることにもつながるので、
    必要な筋力をしっかり養いながら、頭を使って遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top