トップページ

ご利用方法

お客様の声

アクセス

よくある質問

お問い合わせ

Posts Tagged ‘特別支援学級’

コウモリさんで懸垂力を鍛え、鷹と小鳥で運動を楽しもう!

2022-07-18

こんにちは!

 

脳を育てる療育プログラム、放課後等デイサービスチャイルドブレインの一ノ宮です☺

 

7月に入り蒸し暑い日が続きますね💦

 

 

こんな日にはアイスを食べたり、水遊びがしたくなる・・・。と子どもたちは

夏休みにしたいことで盛り上がっています☺

 

 

チャイルドブレイン東浅川教室では夏休みイベントもたくさん企画していますので、

お楽しみに!!!

 

 

さて本日は、当教室が行っている柳沢運動プログラム運動についてご紹介いたします(^▽^)/

 

 

コウモリで懸垂力と逆さ感覚アップ↑↑↑

 

 

柳澤運動プログラムには主に支持力・懸垂力・跳躍力の三つを育てることができる運動が含まれています。

 

 

今回はその中の懸垂力を育てる運動をご紹介します!

 

 

懸垂力を鍛えよう!

 

 

懸垂力とはぶら下がる力のことです。

 

 

懸垂力は、一見日常生活の中では必要ないんじゃないか・・。と

 

 

思ってしまう方もいるかもしれません。

 

 

しかし、懸垂力をつけることで子どもたちにとって

プラスになることがたくさんあります◎

 

 

 

 

こちらのコウモリさんも鉄棒をしっかり握って姿勢をキープします。

 

 

手を離さないように意識するので、懸垂力が大切になってきます。

 

 

懸垂力を鍛えていくと・・・

 

 

物をしっかりと掴むことができる握力がつく

 

 

背筋がのびて姿勢が改善する

 

 

など日常生活において必要な力を養うことができます。

 

 

 

 

コウモリさんの姿勢は手の力で体を支えるので、

 

鉄棒は絶対離さないようにしっかりと握ります!

 

 

手を離して落下してしまう恐れもあるので、

 

必ず大人が近くにいて子どもが安全に挑戦できるようにしています。

 

 

コウモリさんは空中姿勢が難しく怖いと感じるお子さんもいると思うので、

 

 

始めはスズメさん・サルのぶら下がり・おふとんなど

 

難易度の低い技から始めてみると、鉄棒への恐怖心をなくせると思います!

 

 

 

 

 

逆さ感覚を身につけよう

 

 

私たちは、普段立っている状態で生活しているので逆さ感覚と言われても、

 

あまりピンとこないですが、、、

 

 

逆さ感覚も子どもたちの成長を促す上で大切なことです。

 

 

逆さ感覚がないと、どうなるのか・・・?

 

 

逆上がりが怖くてできない

 

 

前転や後転などのマット運動をするのが苦手になってしまう

 

 

 

など運動をすることが嫌いになってしまうかもしれません。

 

反対に、逆さ感覚を身に付けると上記であげたようなことが出来るようになります!

 

 

 

 

これは上級編ですが、なぞなぞコウモリです!

 

 

コウモリの姿勢からフラッシュカードについて答えます。

 

 

コウモリの姿勢をキープするだけでなく、フラッシュカードについても考えるので

 

難易度が一気に高くなります(^-^;

 

 

 

 

しっかりとコウモリの姿勢をキープすることが出来れば、

 

逆さ感覚だけでなく思考力も身に付けることができます。

 

 

鉄棒は怖いと感じる子もいると思いますが、

 

成功体験を増やして鉄棒をすることが楽しいと感じてもらうことが大切ですね(^▽^)

 

 

小鳥を守ろう!鷹と小鳥でチームワークを学ぼう!

 

 

「鷹と小鳥」の遊びは子どもたちに大人気です🌟

 

 

 

 

写真のように、「鷹」「親鳥」「小鳥」に分かれてゲームを行います。

 

親鳥は鷹から小鳥たちを守ります。鷹は親鳥の隙をついて一番後ろにいる小鳥にタッチします。

 

親鳥と小鳥はチームなので、鷹に後ろを取られないようにたくさん動きます。

 

 

親鳥と小鳥のチームワークがとても大切です(^▽^)/

 

 

 

鳥たちはゲームが始まる前に

 

 

「親鳥は手を広げて守った方がいいよ!」

 

「鷹に背中を見せないように動こう!」

 

 

とチーム内で話し合っていました!

 

 

ゲームを繰り返して、どのように動けば上手くいくのか

 

自分たちで考えている姿がとても良かったです☺

 

 

 

 

先生が鷹役で子どもたちは鳥役という設定で行うと、

 

子どもたちもより団結力が深まったと思います。

 

コミュニケーションを取りながらゲームを行いました。☺

 

 

 

柳沢運動プログラムの他にも、以下のようなイベントを実施しております!

そちらも併せてご覧ください!

 

 

微細運動を育てる!感謝の気持ちを込めて家族の日のプレゼントを作ろう!

 

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    フットサルでビジョントレーニング!楽しみながら鬼ごっこで力をつけよう

    2022-06-29

    こんにちは!

     

    脳を育てる療育プログラム、放課後等デイサービスチャイルドブレインの一ノ宮です☺

     

    梅雨明けが近づき、いよいよ夏の季節がやってきますね☀

     

    最近暑い日も続いていますが、熱中症に気を付けて楽しく活動しています!

     

    今回は外での活動についてお伝えします(^▽^)

     

    暑さに負けずにフットサルでビジョントレーニングをしよう!

     

     

    土曜日など、活動時間が長い時には公園に出かけてフットサルをしています。

     

    これからの季節は気温どんどん上がってくるので、こまめに水分補給をしながら活動していきます!

     

    公園に着くと「ボールくださーい!」と希望者の子たちがボールをもらいに来ます。

    子ども同士で蹴り合いを楽しみます。

     

     

     

    実はこのフットサルはとてもよいビジョントレーニングとなります。

     

    ビジョントレーニングとは見る力を育てるトレーニングです。

     

    発達障害があるお子様の中で、

     

     

    黒板の文字をノートに書き写すのに時間がかかる

     

    はさみを使って紙を切ることが難しい

     

    教科書の音読をする際に行を飛ばして読んでしまう

     

    といったようなことで困ったことはありますか?

     

    このようなことには様々な要因があると思いますが、見えずらいということが原因としてあるかもしれません。

     

     

    このように、ボールを蹴る時も足を動かしてボールを蹴っていますが、

    目と脳の動きが関係しています。

     

     

    初めに 「何かがこちらにきている」 と目で物を捉えます

     

    次に 「ボールがとんできている」 と見た物の情報を認識します

     

    最後に 「ボールを蹴る」 と認識された情報を脳に伝えて体を動かします

     

     

    このように普段当たり前にやっていることも目で見た物を認識して脳に伝えるといった作業があります。

     

     

     

     

    発達障害があるお子様の場合は、脳に伝える作業が上手くいかずに、

    上記であげたような困りごとがおきてしまいます。

     

     

    しかし、ビジョントレーニングによって困りごとが改善されていく可能性があります。

     

     

    フットサルを行う時にはボールがどこにあるのか把握しておかなければならないので、自然とボールを目で追います。

     

     

    このように「見る力」を育てるためには眼球運動をしなければいけません。

     

     

    ボールを目で追うことによって眼球を動かして焦点を合わせる練習をすることができます。

     

     

     

    ビジョントレーニングをしていくことによって

     

     

    黒板の字が見えやすくなりノートをとりやすくなる

     

    はさみの使い方が上手くなる

     

    教科書の音読がスムーズになる

     

     

    など、子どもたちにとって学習がしやすくなると思います。

     

     

    ビジョントレーニングはボール運動だけでなく、家でも簡単に行えるナンバータッチなどの方法もあるのでぜひ実践してみてください☺

     

    鬼ごっこで協調性と思考力を身につけよう

     

    子どもたちが大好きな鬼ごっこ👹

     

    楽しいだけではなく、生きる上で必要な力をたくさん養うことができます!

     

    仲間と協力して鬼から逃げ切ろう!

     

    鬼ごっこにはいろいろは種類がありますが、

    どの鬼ごっこでも鬼から逃げ切るというのが、鉄則になります。

     

    ほとんどの鬼ごっこが一人でも鬼から逃げ切ることができれば勝利となるので、逃げる者通しで声をかけあうことが大切です。

     

     

     

    この日は氷鬼に挑戦!

     

    捕まった人は仲間に助けてもらいます。

     

    「ここにいるよー!」

     

    「助けて―!」

     

     

    と、友だちに助けも求めます。

     

    この助けを求める声がなければ他の仲間も捕まっていることに気づけないので、

     

    自分から助けを求めることが勝利につながります。

     

     

     

    その他にも、

     

    「鬼があっちにいたから逃げてー!」

     

    と、子どもたち同士で協力して逃げていました(^▽^)

     

    友だち同士でコミュニケーションをとる機会も増えますし、

    何より子どもたちが「楽しい!」と思える活動であることが一番よいですね!

     

    逃げる戦略をたて、思考力を磨こう!

     

    鬼ごっこのもう一つの醍醐味と言ったら、戦略をたてることですよね!

     

    皆さんも子供の頃、「どうすれば鬼から逃げ切ることができるかな?」と考えたことがありませんか?

     

     

    作戦をたてることで鬼に捕まりづらくなります!

     

    今回子どもたちが考えた作戦は

     

    ・二手に分かれて惑わし作戦!

     

    ・おとり作戦

     

    ・フェイント作戦    

     

    です!どれも子どもたちが考え出した作戦です(*^_^*)

     

    ゲームが始まる前に逃げる者同士で集まって

     

    「誰かが捕まっても、おとり役がいればもっとたくさん逃げることができるんじゃない?」

     

    「僕がおとり作戦やるよ!」

     

    と話し合っていました。

     

     

    一人で考えるより、皆で話し合い意見を出した方が、色々な意見が出るので思考力も高まります。

     

     

    鬼ごっこ子どもたちがだいすきな運動であり、簡単に行うことができます。

     

    様々な鬼ごっこがあるので、たくさん考えながら体を鍛えていってほしいと思います(o^―^o)

     

    他にも柳澤運動プログラムや製作活動に取り組んでいます!

     

    そちらの投稿もぜひご覧ください!

     

    横ジャンプとりんごのぶら下がりで跳躍力&懸垂力を養おう!

     

    微細運動を育てる!感謝の気持ちを込めて家族の日のプレゼントを作ろう!

     

     

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    鉄棒で遊ぼう☆八王子市_放課後等デイサービス_チャイルドブレイン東浅川

    2022-01-20

    こんにちは。
    脳を育てる療育プログラム、放課後等デイサービス、チャイルドブレインです。

    今回は鉄棒での遊びの様子をご紹介します(*^▽^*)
    ぐるぐる回転する感覚が好きな子や逆に落下するのではないかと考えて怖がる子等さまざまです。
    個々の気持ちや出来る範囲、その日の様子を見ながら取り組んでいます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    体を真っすぐに維持するのにも、腹筋や背筋、握力、バランス感覚が必要です。

    Nさんとっても綺麗ですね~( ゚Д゚)!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    落下するという恐怖心もなく、下側に頭を向けて回転しようとしているNさん☆

    速度に任せず、ゆっくり回転することって難しいんですよ!

     

    続いては、全体重を腕の力のみで支えている【リンゴぶら下がり】の運動です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    全体重を持ち上げる握力、懸垂力。足をお腹までもってくる腹筋の力。

    一気にパワーを使っています‼‼‼

    この力は、逆上がりの時の蹴り上げる力や前回りからの逆上がり等連続技にも繋がります。

    いろいろな運動に挑戦できますね☆

     

    最後は、一生懸命に頑張っている3人です(^^)/

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    3人とも肘が曲がっていますよね。

    これは、怖さがある分、体を小さくして少しでも高さの恐怖心を減らそうと無意識にしている動きです。

    少しでも恐怖心を取り除くために、スタッフの膝の上に立ち、土台を安定させています。

    「やりたくない!」とならないように、子ども達の力を見極めて補助を行い、少しでもできた時には皆で褒め合い自信やチャレンジする気持ちに繋げています(^^)/

    褒めらる方も、褒める方も嬉しいですよね!

    スモールステップで成長していき、大きな自信になっています^^

     

     

    ☆おまけ☆

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    管理者平本先生~‼‼‼

    だるま回りできちゃうんですよ!!

    子ども達からも「すごい」の声があがってました^^

    次はどの運動をやってくれるのかなぁ~(笑)(^^)/

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    夏祭り週間☆八王子市_放課後等デイサービス_チャイルドブレイン東浅川

    2021-08-31

    こんにちは

    八王子市の放課後等デイサービス

    チャイルドブレイン東浅川の進藤です。

     

    夏休み期間、教室内では様々なイベントをおこなってきましたが

    その中でも例年行なっていることを紹介します。

    【夏祭り】です

     

    毎年子どもたちにも、夏休みの振り返りをすると

    「楽しかった~~!」と声があがるのでコロナだろうと

    近隣の施設が使えなかろうと教室内で夏祭り開催です!!

     

    ただ子どもたちに楽しんでもらうだけで終わりではありません。

    実は1つ1つ療育的な視点からも実施しています^^

    (子どもたちは楽しんでいるだけですが!!)

     

    例えば・・・

    輪投げ!!

    スタートの中に入ったら、輪っかを投げて目標の中に入れる

    【距離感】【力加減】を必要とします。

     

    自閉症スペクトラム(ASD)のこどもや

    注意欠陥多動性障害(ADHD)のこどもが

    苦手な傾向があります。

     

    強く投げると、とんでもない方に飛んでいきますし

    そっと投げると、届かなくなります><

    絶妙な力加減が必要ですね^^

     

    次に射的!!

    狙いを定めて打っていきます!かっこよく構えられてますね^^

     

    輪投げと比べて、力加減は不要です。

     

    ゴムが飛び出る部分と狙いの距離感や軌道を測るために、

    眼👀を上手に動かす必要があります。

    これ実は学習✍に繋がってくるんです。

     

    鉄砲の先(手元)と狙った先(少し先)を交互に見る目の動きは

    自分のノート(手元)と黒板(少し先)を交互に見る

    学校での黒板の板書と同じです。

     

    学習障がい(LD)の子どもは苦手で授業についていけないなどの困難を抱えていることが多いです。

     

    その他、ヨーヨー釣り!

    準備は子どもたちにも手伝ってもらっています。

     

    風船にゴムをくくりつけるなどは指先の細かな力が必要ですね。

    微細運動といって、お箸を上手に使うこと、ボタンを留めるなど

    生活にも影響があります。(詳細は関連教室の記事を参考に^^)

     

    ただ指先の運動だけでは力は養えないので

    身体を大きく動かすことで指先の力も

    徐々に養うことができます。

    (運動療育についてはこちら^^)

     

    夏祭りの最後にはこちら!!

    かき氷やフルーツの盛り合わせ!!

     

    毎年夏まつりをやっているため

    「できなかったことが、できるようになった」ことを

    確認できるます。

    楽しみながらも成長を感じられる取り組みとなっています。

     

    子ども達には楽しんでもらいながらも、療育的な視点を忘れずに

    今後も様々な活動を提供していきます!

     

    さて夏も終わりに近づいてきました!

    次は秋に向けて準備します!

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ☆夏イベント☆すいか割☆八王子_放課後等デイサービス_チャイルドブレイン東浅川

    2021-08-07
    こんにちは
    八王子市で放課後等デイサービスを運営している
    チャイルドブレインです。
    夏!!と言えばなんでしょうか!
    そうです!すいか割です!
    教室イベントとしてスイカ🍉割り…ならぬスイカ🍉たたきをしました。
    低学年の子は目隠しなし。目を閉じて…時々チラ見。
    ずる賢さは、何かを成し遂げようとすると時に大切な力です(笑)
    距離感を覚えていられるか、その距離感ですいかにたどり着くことができるかなどは、
    子どもたちに必要な力を養います。
    高学年は目隠し&クルクルありで実施です。
    クルクル回る事は、自閉症スペクトラム(ASD)の子どもが弱いとされている
    感覚の一つ「前庭感覚」を養うことにもつながります。
    バランス感覚・平衡感覚と言えば聞いたことあるかと思います^^
    遊びながら感覚を養うことが大切ですね!
    また「そっちじゃない」「こっちこっち!」
    「そっちっでどっちだよ~><」そんなやりとりも子ども達にとって
    必要なコミュニケーション能力を伸ばすやりとりの一つです。
    スイカ割りが初めての子もいました。
    大きなスイカを目の前にしてみんなワクワクドキドキ💓していました。
    もちろん、その後はみんなで仲良くいただきました。
    スタッフも挑戦‼️
    壁を壊さそうとしないでください・・・(笑)
    #柳沢運動プログラム#放課後等デイサービス#チャイルドブレイン#夏休み#夏休みイベント#スイカ割り#スイカ叩き#目隠し#ぐるぐる#初めてやった#楽しかったよー#美味しかったよー
  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    新年明けましておめでとうございます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2019-01-09

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    新年明けましておめでとうございます。
    昨年中は大変お世話になりました。
    本年もどうぞよろしくお願いいたします。

    普段と生活リズムが変わる時期には、子ども達も
    バランスを崩しやすかったりします。
    特に感情をコントロールすることが苦手な子ども達は
    大変ですが、無理に感情を抑え込ませたりせず、
    年齢に応じた感情コントロール力を身に付けられるように
    療育活動を行ない、生活がスムーズになるように
    サポートをしていきたいと思います。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
    提供している運動療育プログラムから「棒くぐり」を
    ご紹介します。

    まず、縄や棒で低い高さの障害物(罠)を設置します。
    子どもはうつ伏せになって両手を前に出し、
    腕を交互に動かしながら体を引き付けるようにして進む
    わにさん歩きで、この罠の下をくぐりぬけていきます。
    くぐる時に頭やお尻が罠に当たらないように、
    ゆっくりで良いので慎重に進むようにします。

    また、わにさんは手と足の両方を使って進むと良いので、
    手だけでなく足の親指で地面を蹴って
    足の力も使いながら進めるようにします。
    足の親指で地面を蹴るためには両足を股関節から
    大きく開くことが必要ですが、
    今はこれができない子がとても多くなっているので
    日頃からこうした遊びで経験できるようにしています。

    また、この遊びは障害物に当たらないように
    自分の体の見えない部分にまで意識を行き届かせるので、
    身体周辺感覚を養うのにも効果的です。

    1人1人の発達段階や課題に合わせて遊びながら、
    楽しくスキルアップを目指していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    子どもの発達段階や能力を正確に把握することが適切な支援につながります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-12-20

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害特性を持つ子ども達の中には、
    見かけの行動で能力が実際よりも低く見られたり、
    高く見られたりすることがよくあります。

    例えば、いつも床に寝そべっていて椅子に座っても
    姿勢がだらしなく、口はあけたままで言葉も少ない。
    リズム遊びでも他の子と同じように動けない。
    といった場合、認知能力を低く評価されてしまいがちですが、
    よく観察してみたらそうではなく、筋力が劣っていることが
    一番の原因だったというケースもあります。

    反対に見かけの行動で見ると特に問題ないように見えて、
    本当は困っているのに支援が受けられていないという
    ケースもあります。

    子どもをよく観察して理解し、適切な支援を行なうことが
    子ども達のスムーズな成長発達や将来のために
    とても大切なことです。
    私たちも、子ども達1人1人に丁寧な療育支援ができるように
    心がけています。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
    提供している運動療育プログラムから
    「ウルトラマン」をご紹介します。

    子ども達は2人一組になり、フープを使って
    引っ張ったり引っ張られたりして遊びます。

    まずは引っ張る役と引っ張られる役を決めます。
    引っ張られる子はうつ伏せになって両手を前に出し、
    フープをしっかり握ります。
    引っ張る子はそのフープの反対側を持ち、
    後ろ向きのまま引っ張って進んでいきます。

    スムーズに進めるように、引っ張られる子は
    足を閉じて全身に力を入れておくのがポイントです。
    こうすることで全身が一体化して引っ張りやすくなり、
    速度が上がったり左右に振られた時も
    体がひっくり返りにくくなります。
    そして、引っ張る子は相手が準備ができているかを確認し、
    急に引っ張ったり速度を上げすぎたりしないように
    気をつけて進みます。

    お互いに相手がやりやすいように考えながら、
    相手の動きやタイミングに合わせることで
    社会性を育んでいくことができます。
    最初は指導者が引っ張って遊ぶことで楽しさを感じながら、
    無理のない範囲で少しずつステップアップを
    目指していこうと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    問題行動を減らして発達を促し良い循環にしていく働きかけが大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-12-18

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    子どもが突然奇声を上げてパニックになる、
    何かを凝視してテコでも動かなくなる、
    そわそわし出したと思ったら走り回って止まらない、
    など、発達障害の子ども達には様々な問題行動と
    呼ばれる行動が見られます。

    こうした問題行動は、起きてからではなく起こさないように
    事前に回避することが大切です。
    問題行動の原因となるものは、
    例えばいつもはない物が部屋にあった時だったり、
    人の甲高い声だったり、
    広い空間に入った時だったり様々で、
    多くの場合他の人にとっては気にならないことなのですが、
    子どもを観察することで見えてくるものです。
    原因がわかればそれを取り除きながら、
    情緒や認知の発達を少しずつ促していきます。

    子どもの気持ちに共感し寄り添いながら適切な関わりを
    していくことで、問題行動を減らし成長発達に
    つなげていきたいと思います。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「積み木拾い+積み木積み」を
    ご紹介します。

    床にたくさんの積み木をばらまいておきます。
    子どもは、指導者に指示された色や形、数の積み木を拾って
    それを指定された場所に積みます。
    積む場所は、折り紙やビニールテープで作った枠など、
    わかりやすいように工夫して作っておきます。

    指示は、
    「積み木を3つ拾って、赤い場所に積みましょう」
    「バナナの色の積み木を3つ拾って、黄色い場所に積みましょう」
    「赤くて四角い積み木を2つ拾って、好きな色の場所に積みましょう」
    のように行ない、初めは数だけ、次は数と色の組み合わせと
    いうように、少しずつ難易度を上げて挑戦してみます。

    また、「赤」や「四角」だけでなく
    〇〇の色、〇〇の形などの言い方をすることで、
    イメージ力や認識力なども養うことができるので、
    1人1人に合わせて取り入れていきます。

    それぞれの段階や得意不得意などにも合わせて調整しながら
    行ない、身に付けておきたい力を少しずつ確実に
    身に付けられるようにしていこうと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害特性を持つ子ども達に厳しいしつけは有効ではありません。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-12-07

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害特性を持つ子ども達は、時に他の大多数の人にとっての
    常識からすると、びっくりするような言動をすることがあります。
    そんな時つい厳しく叱ったり声を荒げたくなることも
    あるかもしれません。

    しかし、外から強制することで子どもの行動を
    変えようとするのではなく、適切な方法を具体的に伝えながら
    好ましい行動へ促していくことが大事です。
    もちろん簡単にいかないこともありますが、
    スムーズな社会参加に向けて、必要なスキルを
    1つずつ身に付けていけるようなサポートが大切です。

    私たちの教室でも、子どもの気持ちに寄り添いながら
    良い方向へ導いていけるように療育支援を行なっていきます。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで
    提供している運動療育プログラムから
    「忍者ゲーム」をご紹介します。

    指導者と子どもで向かい合って立ちます。
    指導者は丸めた新聞紙など刀に見立てた小道具を持ち、
    「頭」と言った時は子どもの頭の辺りを横方向に
    スイングさせるので、子どもは刀に当たらないように
    しゃがんで避けます。
    次は「足」と言って刀で子どもの足元をスイングさせるので、
    ジャンプして避けてもらいます。

    これを繰り返し行なうので、1回避けた後も素早く体勢を整え
    耳を澄ませて次の指示を聞く力が必要になります。
    これにより、集中力や判断力、聞く力がしっかりと養われます。
    慣れてきたら「頭」と「足」をランダムにしたり、
    アレンジで難易度を上げたりしながら遊んでいきます。

    指示をよく聞いて動くという場面は日常生活でも
    多くあることですが、子ども達が苦手なことも多いスキルなので、
    遊びの中で無理なく少しずつ力をつけながら
    スムーズな生活につなげていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ストレスや不安の多い発達障害の子ども達には個々に合った丁寧な対応が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-12-04

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害を持つ子ども達は、私たちには想像しがたいほどの
    ストレスや不安を常に感じながら生活しています。
    そのため、他の子ども達には簡単にできることも
    とても大きな労力を必要とすることだったりするのです。

    例えば学校での生活は椅子に座っている時間が長いですが、
    姿勢を維持する力が未熟な為に長時間座っていることが
    とても苦痛だったり、鉛筆がうまく使えなくて文字を
    書くだけでひどく疲れてしまったり、
    感覚過敏があって教室がざわつくと教室から飛び出したくなったり、
    人によって様々な辛さがあります。

    こうした状態がパニックやかんしゃくなどの問題行動を
    起こしやすくしたり、持っている力を発揮しにくい状態に
    してしまうので、個々に合わせた対応が大切になります。

    こどもプラスの教室では、1人1人に合わせた療育活動で
    子ども達が生きやすくなり、持っている力を良い方向に
    伸ばしていけるようにサポートしていきます。

    今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「スキップでだるまさんがころんだ」
    をご紹介します。

    「だるまさんがころんだ」をスキップで行います。
    指導者が鬼になり、子ども達は鬼の「だるまさんがころんだ」
    の声に合わせてスキップで進み、
    声が止まったら素早く体を静止させます。
    スキップの大きな動きから静止するには少し時間がかかるので、
    鬼の声に合わせて止まれるように体の動きを計算し、
    調整することが必要になります。

    これによって体のコントロール力や地面と足との距離感を
    把握する空間認知力、相手(鬼)の声を聞いて
    動きを合わせる社会性も強く養われます。
    また、速く走って進みたくても、我慢して
    スキップを維持することで抑制力や集中力も育ちます。

    子ども達の日々の様子にも合わせながら楽しく行ない、
    効果的な療育活動にしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02 « Older Entries

    ▲page top