トップページ

ご利用方法

お客様の声

アクセス

よくある質問

お問い合わせ

Posts Tagged ‘柳沢運動プログラム’

コウモリさんで懸垂力を鍛え、鷹と小鳥で運動を楽しもう!

2022-07-18

こんにちは!

 

脳を育てる療育プログラム、放課後等デイサービスチャイルドブレインの一ノ宮です☺

 

7月に入り蒸し暑い日が続きますね💦

 

 

こんな日にはアイスを食べたり、水遊びがしたくなる・・・。と子どもたちは

夏休みにしたいことで盛り上がっています☺

 

 

チャイルドブレイン東浅川教室では夏休みイベントもたくさん企画していますので、

お楽しみに!!!

 

 

さて本日は、当教室が行っている柳沢運動プログラム運動についてご紹介いたします(^▽^)/

 

 

コウモリで懸垂力と逆さ感覚アップ↑↑↑

 

 

柳澤運動プログラムには主に支持力・懸垂力・跳躍力の三つを育てることができる運動が含まれています。

 

 

今回はその中の懸垂力を育てる運動をご紹介します!

 

 

懸垂力を鍛えよう!

 

 

懸垂力とはぶら下がる力のことです。

 

 

懸垂力は、一見日常生活の中では必要ないんじゃないか・・。と

 

 

思ってしまう方もいるかもしれません。

 

 

しかし、懸垂力をつけることで子どもたちにとって

プラスになることがたくさんあります◎

 

 

 

 

こちらのコウモリさんも鉄棒をしっかり握って姿勢をキープします。

 

 

手を離さないように意識するので、懸垂力が大切になってきます。

 

 

懸垂力を鍛えていくと・・・

 

 

物をしっかりと掴むことができる握力がつく

 

 

背筋がのびて姿勢が改善する

 

 

など日常生活において必要な力を養うことができます。

 

 

 

 

コウモリさんの姿勢は手の力で体を支えるので、

 

鉄棒は絶対離さないようにしっかりと握ります!

 

 

手を離して落下してしまう恐れもあるので、

 

必ず大人が近くにいて子どもが安全に挑戦できるようにしています。

 

 

コウモリさんは空中姿勢が難しく怖いと感じるお子さんもいると思うので、

 

 

始めはスズメさん・サルのぶら下がり・おふとんなど

 

難易度の低い技から始めてみると、鉄棒への恐怖心をなくせると思います!

 

 

 

 

 

逆さ感覚を身につけよう

 

 

私たちは、普段立っている状態で生活しているので逆さ感覚と言われても、

 

あまりピンとこないですが、、、

 

 

逆さ感覚も子どもたちの成長を促す上で大切なことです。

 

 

逆さ感覚がないと、どうなるのか・・・?

 

 

逆上がりが怖くてできない

 

 

前転や後転などのマット運動をするのが苦手になってしまう

 

 

 

など運動をすることが嫌いになってしまうかもしれません。

 

反対に、逆さ感覚を身に付けると上記であげたようなことが出来るようになります!

 

 

 

 

これは上級編ですが、なぞなぞコウモリです!

 

 

コウモリの姿勢からフラッシュカードについて答えます。

 

 

コウモリの姿勢をキープするだけでなく、フラッシュカードについても考えるので

 

難易度が一気に高くなります(^-^;

 

 

 

 

しっかりとコウモリの姿勢をキープすることが出来れば、

 

逆さ感覚だけでなく思考力も身に付けることができます。

 

 

鉄棒は怖いと感じる子もいると思いますが、

 

成功体験を増やして鉄棒をすることが楽しいと感じてもらうことが大切ですね(^▽^)

 

 

小鳥を守ろう!鷹と小鳥でチームワークを学ぼう!

 

 

「鷹と小鳥」の遊びは子どもたちに大人気です🌟

 

 

 

 

写真のように、「鷹」「親鳥」「小鳥」に分かれてゲームを行います。

 

親鳥は鷹から小鳥たちを守ります。鷹は親鳥の隙をついて一番後ろにいる小鳥にタッチします。

 

親鳥と小鳥はチームなので、鷹に後ろを取られないようにたくさん動きます。

 

 

親鳥と小鳥のチームワークがとても大切です(^▽^)/

 

 

 

鳥たちはゲームが始まる前に

 

 

「親鳥は手を広げて守った方がいいよ!」

 

「鷹に背中を見せないように動こう!」

 

 

とチーム内で話し合っていました!

 

 

ゲームを繰り返して、どのように動けば上手くいくのか

 

自分たちで考えている姿がとても良かったです☺

 

 

 

 

先生が鷹役で子どもたちは鳥役という設定で行うと、

 

子どもたちもより団結力が深まったと思います。

 

コミュニケーションを取りながらゲームを行いました。☺

 

 

 

柳沢運動プログラムの他にも、以下のようなイベントを実施しております!

そちらも併せてご覧ください!

 

 

微細運動を育てる!感謝の気持ちを込めて家族の日のプレゼントを作ろう!

 

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    微細運動を育てる!感謝の気持ちを込めて家族の日のプレゼントを作ろう!

    2022-06-16

    こんにちは!

     

    脳を育てる療育プログラム、放課後等デイサービスチャイルドブレインの一ノ宮です☺

     

    6月になり、梅雨の季節がやってきました。

     

    雨が降っていても子どもたちは自分たちで楽しめることを見つけて

    元気に遊んでいます(^▽^)/

     

    今回は最近の制作活動についてお伝えします!

     

     

    家族の日制作!三つ編み作業で微細運動を向上させよう!

     

    今回の制作は家族の日と名付けて、

    日頃からお世話になっている家族の人に感謝の気持ちを込めて鍋敷きを作りました!

     

    鍋敷きの土台となる部分を三つ編みで編み込んでいきます(^▽^)/

     

     

    基本の三つ編みを3つ作り、さらにその三本を編み込んでいきます。

     

    三つ編みの作業は微細運動の発達の促すのに有効です!

     

     

    日常生活の中で動作が遅く、不器用だなと感じることが多い。など

     

    発達障害があるお子様の中には微細運動が欠けているということもあると思います。

     

    ですが、微細運動の発達を促すことで、できるようになることがたくさんあるかもしれません。

     

     

    微細運動は手先の細かい運動のことを指し、日常生活の中でもとても重要な動作です。

     

    鉛筆を持って書く

    シャツのボタンをとめる

    折り紙を折る

     

     

    など日常的な動作も指先や脳や手が連帯して細かい動きを作っています。

     

    ここでいきなり子どもたちにやらせるのではなく、

     

    動作を行う前には、大人が実際に見本を見せることが大切です。

     

     

    微細運動が欠けていると、

     

    箸を使って食事をする時に食べ物が上手く掴めない

     

    ハサミで何かを切るときに上手く操作できない

     

    など、手先の細かい運動が苦手になったり、時間がかかったりする場合もあります。

     

     

    日常的な動作をするのに時間がかかると子どもたちもイライラしてやる気が無くなる。

     

    などのこともあるので、日ごろから微細運動を養っていきたいですね!

     

     

     

     

    今回の制作では編み込みをするのにスタッフと一緒に行いました。

     

     

    編み込みを初めてやる子もいたので、紐の色を指定しながらどこに動かすのか伝えます。

     

     

    色は視覚的に伝わるので、子どもたちも色を聞いてどこに動かすのか考えることができます。

     

     

    脳と眼は深い関係で繋がっているので、体の各部位を連帯させて動かします。

     

    編み込みをする際に色を指定するだけでは難しい場合は、

     

    ・始めは一緒に手を動かして編む順番を覚えさせる

    ・編み込む順番毎に分けてスモールステップでおこなう

     

    など色々な様々な方法を試してみましょう!

     

     

     

     

    慣れてくると、自分で編み込みが出来るようになっていきます!

     

     

    発達障害がある場合には、

     

    「体をこう動かしたい」という思いがあってもそれが脳に上手く伝達できないこともあります。

     

    上手く脳に伝達できないと、体ををどのように動かしたらよいのか分からず、

    動きが止まってしまいます。

     

     

    イメージをしようとするも難しいこともあります。

     

     

    なので様々な物に触れて感覚に慣れていくことも大切です。

     

    例えば、

     

    鉛筆を持って書く場合は、まず握る所から始め、鉛筆だけでなく

     

    ペンやクレヨンなど他の筆記用具にも触れて練習します。

     

    感覚に慣れてきたら握り方をスモールステップで教えるなど、その子にあった慣れ方があると思います。

     

     

    一般的な動きに慣れてきた、靴紐結びや糸通しなど複雑な微細運動にも挑戦していきましょう!

     

     

    その他にも微細運動はボールを転がしたり、物を運ぶゲームなど子どもたちが楽しみながら養うことができる活動もたくさんあるので、ぜひ試してみてください!

     

     

    個性あふれる作品が完成!みんなで楽しもう

     

     

    編み込みの紐の色は自分たちで選ぶので一人一人のオリジナルの作品が完成しました(*^_^*)

     

     

     

     

    「完成したらどうなるのー?」とみんな楽しみにしています!

     

    子どもたちが編んだものにフェルトをつけたら完成です☆彡

     

     

     

     

    それぞれの色が出ていてとても綺麗です!

     

     

    完成した作品をみて

    「こんなにきれいになったの!すごい!!」と

     

     

    とても喜んでいました(^▽^)/

     

     

    また、お友達の作品をみて「○○君の色とってもきれいだね!」と

     

     

    お互いの作品をみて楽しんでいました。

     

     

    お家でもできる制作となっていますのでぜひ挑戦してみてください(o^―^o)

     

     

    制作以外で当教室は柳澤運動プログラムを取り入れています。

     

    そちらの記事もぜひお読みください(^▽^)/

    横ジャンプとりんごのぶら下がりで跳躍力&懸垂力を養おう!

     

     

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    興味は無限に!科学の世界から未来を切り開こう!

    2022-05-09

    こんにちは!

     

    脳を育てる療育プログラム、放課後等デイサービス、チャイルドブレインの一ノ宮です。

    段々と夏らしい気候になってきました🌞

     

    今回からは、GW中のイベントについてご紹介いたします(^▽^)

     

    第一弾はサイエンスドームについてです!

     

    「なぜ?気になる」を大切に科学の世界を楽しもう

     

    サイエンスドームの科学体験コーナーでは様々な科学体験ができます。

     

    子どもたちは、体験コーナーに着いた途端に、「あれなんだろー!」と

    気になったものを体験しにいきました(*^_^*)

     

     

     

    実は、発達障害のある子どもたちにとっては

    この体験がとても大切です。

     

    なぜなら、発達障害のある子たちは、興味をはじめに、能力を伸ばすからです。

     

    特性上、興味が偏る傾向にあるので日ごろから常に

    新しい物に触れ、感じ、体験することが発達障害のある子どもたちの興味を引き出し、

    未来を切り開くことにつながります。

     

    私たちは自分が実際に見たり、体験したことではなくても話を聞けば、「だいたいこんな感じかな」と

    想像が出来ます。

     

    しかし、発達障害のある子たちは話を聞いただけでは似ていることを知っていても、

    中々つなぎ合わせることが出来なかったりと、イメージできないことが多いです。

     

    なので自分自身が

    ・自分で見た知ったこと

    ・体験して感じたこと

    がとても大切になりますね!

     

     

     

    スペースゲームでビジョントレーニング

     

    スペースゲームに夢中ですね👀

     

    このスペースゲームは指定された隕石を目で追ってタッチします。

     

    見る時には、頭を動かさずに眼だけで追うようにするとキョロキョロ運動として、

    ビジョントレーニングの一環となるのでなおよいですね。

     

     

    ビジョントレーニングは学習障害やADHDの子どもたちの諸問題改善や、

    多くの人々の能力向上にも効果があると言われています。

     

    身近な例だと、

     

    板書や読書のスピードが上がる

     

    整った字が書けるようになる

     

    などの効果があります。

     

    ビジョントレーニングでは眼球運動だけではなく、視空間認知や体との連帯など

    他ののトレーニングもあるので、教室でも積極的にビジョントレーニングを

    取り入れていきたいと思います👀✨

     

     

    協力して夢ロケットを打ち上げよう

    体験コーナーの中でも人気だったのが「夢ロケット」です(o^―^o)

     

    夢ロケットはみんなで力を合わせてロケットにエネルギーをチャージさせます。

     

    ・ポンプチャージ

     

    ・跳び跳ねチャージ

     

    ・足こぎチャージ

     

    ・押しボタンチャージ

     

    これらの道具を一斉に動かしてエネルギーをチャージします。

     

    子どもたちは「あと〇〇パーセントで打ち上げられる!」「がんばろう!」と

    お互いに声をかけあっていました。

     

    別々のものを動かしていてもみんなで取り組む一体感があり、とてもよいですね(^▽^)

     

     

    エネルギーが100%まで溜まるといよいよロケット打ち上げです☺

     

    「ロケットがとんでった!」「やったー!」と、とても喜んでいました。

    達成感を味わえる良い時間となりました!

     

    またサイエンスドームに行って体験コーナーを楽しみたいと思います!

     

    次回もGW中のイベントについてお伝えします!

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    跳び箱で遊ぼう☆八王子市_放課後等デイサービス_チャイルドブレイン東浅川

    2022-01-20

    こんにちは。
    脳を育てる療育プログラム、放課後等デイサービス、チャイルドブレインです。

     

    今回は、跳び箱での遊びの様子をご紹介します(^_-)-☆
    【跳び乗る】

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    両足を揃えて、手は使わずにジャンプをして跳び乗ります。
    足がバラバラになったり、ついつい手が出てしまったりする様子もなく、正しく体をコントロールできています。
    両足を揃える姿勢を保つにも、太ももの力が必要です。
    また、膝を曲げてジャンプをすることで跳躍力や腕を振って反動をつけることで、上半身と下半身の連動性も養うことができます。
    この連動性は、側転にも繋がっていきます。

    跳び乗ることに恐怖を感じる子もいますので、無理に行うことはせず、それぞれの力を見極めて補助を付けています☆

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    怖さを感じつつも、チャレンジする気持ち素晴らしいですね^^

    【台上前転】

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    跳び箱の上で前転をします。

    マットの上での前転時に真っすぐ回転することや首を中に入れて回ることができる子が行っています。
    跳び箱の上で行うのは、マットよりも高さがあるために、少しジャンプをしてから回転しなげればなりません。
    怖がらずに皆挑戦することができていました(‘◇’)ゞ

    一つ一つの運動を丁寧に行い、力をつけていき、連続技にも取り組んでいます\(^o^)/
    次回は、鉄棒の様子をお伝えします^^

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    今年も柳沢運動プログラム!☆八王子市_放課後等デイサービス_チャイルドブレイン東浅川

    2022-01-11

    こんにちは。
    脳を育てる療育プログラム、放課後等デイサービス、チャイルドブレインです。

    今年も柳沢運動プログラムに取り組み、体を動かす楽しさを皆で味わっていきます!

    お荷物を背中に乗せて、犬歩きで進んでいきます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    本人は背中は見えていませんよね。
    その見えていない部分を意識して体を動かすことは、体の動きを器用にコントロールして、荷物が落ちないようにバランスをとることで、自分の体の周りにも意識を向けることができます。
    また、身体空間を広げたり、集中力を養えます。

    次は、頭の上に乗せちゃいます!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    歩くのは簡単だったので、難易度を上げてしゃがんで進むアヒル歩きで行いました。
    すごい目力(笑)集中しているんですね^^

    体の動きがコントロールできるようになると様々な動きが可能になり、体を動かして遊ぶことが楽しくなります。
    楽しい活動はたくさん取り組みたいですよね(*^▽^*)
    だからこそ、子ども達の興味を惹くような運動あそびを、もっともっと取り入れていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top