ウシガエルで跳び箱の練習です。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルドブレイン

2015-12-03

今日は、運動療育プログラムの中の「ウシガエル跳び」のご紹介です。

アマガエルより大きなカエルなので、大きく跳びます。

 

手をパーに開いて前につき、跳ぶ足は手よりも前に着地します。

この動きは跳び箱を跳ぶときの動きにつながるので、

しっかり遊びこんでおくことで跳び箱の上達が期待できます。

跳ぶときに腕で体を支えるので、腕の支持力が身に付きます。

 

この支持力が身に付くと、普段転んだときにも腕で体を支えられるので、

顔や歯の怪我が減ります。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top