「足を渡る障害物クマ」で強い空間認知力を育てていきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-08-09

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

運動療育プログラム「大人の足を渡る障害物クマ」をご紹介します。

まず、大人が床に足を伸ばして広げた状態で座ります。

その足の上を、足に当たらないように気をつけながら

四つんばいからひざとお尻を上げたクマさん歩きで越えていきます。

 

足に当たらないように進むには、どこにどうやって手足をつけば良いのかを

考えながら動くことで、”空間認知力”が養われます。

この空間認知力は日常生活でも、物や人にぶつからない、

転んだりつまづいたりせずに歩く、前から来る自転車を避ける、

立体を把握したり地図を読むといったことに必要な力です。

運動あそびでしっかりと身につけて、日常生活に役立てていけるようにしたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top