特定の能力だけが習得困難な学習障害も適切な支援が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-03-27

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

学習障害(LD)は、特定の分野の能力の習得だけが困難な発達障害です。
知的な遅れも社会性の発達の遅れもなく、
他の能力は何も問題がないためになかなか理解されにくい障害です。
しかし、障害なので苦手な分野だけは本人の勉強や努力だけでは
なかなか習得できず、個々への支援が必要です。

もし学習障害であれば、苦手なことを習得しようというよりは、
得意なことを伸ばしていく方に力を入れます。
そうしていく中で自信をつけながら、いろいろなことに
挑戦していけるように目指していきます。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「障害物つなわたり」をご紹介します。
床に1本の縄を置き、縄のところどころにコーンや
ぬいぐるみなどの障害物を置いておきます。

その縄の上をつなわたりのように落ちないように歩き、
障害物をまたぎながら最後まで進みます。
障害物の数は少ない数から始め、少しずつ難易度を上げながら
挑戦していくようにします。

狭くて不安定な縄の上でバランスをとりながら歩くことで
体幹の筋力や集中力をコントロールする力などが養われます。
障害物を避けていくことでさらに空間認知力も育つので、
段階に合わせて提供し、力をつけていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top