予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

学習障害も日常生活に支障を来たすことが多いので早期の支援が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-04-27

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害の1つである学習障害(LD)が
一般的に知られるようになったのは割と最近のことです。
そのため、子どもの時から学習障害の特徴があったのに、
それに気付かず困難を感じながら過ごしてきたという人も
かなりたくさんいるのです。

学習障害での症状は読み書きや聞く、話すなど
日常生活でも必要になる能力の障害なので、
困難を感じている場合はその困難を解決する方法を
見つけていくことが大切になります。

困難を感じながらの生活はとても苦痛です。
子どものうちに気付き、適切な対応によって
症状の改善、特性との上手な付き合い方などを
身につけていくことが大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスでは、
様々な形で子ども達に療育活動を提供しています。
主軸の運動療育プログラムの中から
「つなわたり握手」をご紹介します。

床に縄を置き、その上を縄から落ちないように
つなわたりのようにして渡っていきます。
途中、縄の横に指導者が立っているので、
そこで一度止まって握手をしてからまた進みます。

縄の上でバランスをとって歩きながら
指導者の位置を視覚でとらえ、握手をします。
握手をする時に意識が逸れてバランスを崩しやすくなるので、
しっかり足の指先や体幹でバランスをとって
最後まで縄から落ちないように気をつけます。

足の指先の力やバランス力の他に、
集中力や空間認知力、社会性なども養う遊びです。
集中して行なうことができるように、
環境設定などに配慮しながら進めていくようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top