予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

Posts Tagged ‘障害 子ども’

多動傾向のある子には活動に集中できる工夫で失敗経験を減らすことが大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-10-15

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害特性のある子ども達の中でも、多動傾向がある子ども達は
学校の授業や1つの活動に集中して取り組むことが困難です。
例え周囲からの刺激をできる限り減らして、
その子の能力や興味に合った課題を提供するなどの
調整を行なったとしても、どうしてもどこかで集中力が切れて
動き回ってしまったり、おしゃべりを始めてしまうことがあります。

課題をその子の集中できる時間に合わせたり、様子を見て
内容を変化させる、先生のお手伝いをお願いするなど
メリハリのある活動にしていくことも有効なので、
「またできなかった」と自信をなくしてしまわないように、
1人1人に合った方法で支援・サポートを行なっていくことが大切です。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムの中から「色別ウシガエル」を
ご紹介します。

床に2本の線を引き、線の中には赤いテープで印をつけ、
線の外側には青いテープで印をつけます。
そして、手は赤につく、足は青につくというルールで
手→足→手→足の順番につきながら前に進んでいきます。

色を見て手や足をつく位置を覚える記憶力と、
次の色を探して判断するという動作を素早く行なうことで、
考えながら動く力が養われます。

赤と青の位置ランダムにしたり、
印の間隔を広くしたり狭くして難易度を上げたり、
コースを直線コースだけでなく、ジグザグコースや円のコースに
してみるなどのアレンジで、より考えながら体を動かす力や
体を器用にコントロールする力などを育てていくことができるので、
楽しく遊べる工夫も大事にしながら取り入れていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害の子ども達の身辺自立のためのサポートも丁寧に行います。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-10-05

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害のある子ども達は、食事、排泄、着替えなど身辺自立の
    面でも個々に合わせて支援を行なっていく必要があります。

    例えば、衣服の調整が臨機応変にできなかったり、
    1人で着替えができない。
    座って食事をするのが難しかったり、
    食事の量が多くても食べきらなければいけないと
    思い込んでいて無理をしてしまう。
    排泄後の処理がうまくできなかったり、
    自宅以外のトイレが使えないなど様々な困り事があります。
    中には健康面に影響してしまうこともあるので、
    1人1人に合った方法で少しずつ身に付けていけるような
    支援・サポートが必要です。

    子ども達の日常生活での困り事が減って生活がスムーズになり、
    将来の自立につなげていけるように
    私達も働きかけていきたいと思います。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
    提供している運動療育プログラムから「回転大縄跳び」を
    ご紹介します。

    1人ずつ大縄跳びを跳びますが、その場でゆっくり回転しながら
    10回くらい連続で跳んでみます。
    ポイントは、同じ場所で跳ぶことと、
    腕を振って一定のリズムで跳ぶことです。
    また、回転しながら跳ぶには上半身をひねりながら
    跳ぶこともポイントになります。

    最初から一気に回転しようとすると難しいので、
    少しずつ小刻みに回りながら跳ぶようにします。
    慣れてきたら1回で90度や180度ずつ回転できるように
    少しずつレベルアップを目指して遊んでいきます。

    他にも、着地位置に四角いマスをテープなどで作っておき、
    その中からでないように連続で回転ジャンプをする。
    指導者が手を叩いた数だけ回転ジャンプをする。
    なぞなぞに答えながら回転ジャンプをする。
    などいろいろなアレンジ遊びがあります。

    1人1人の得意なことや好きなこと、育てたい力などに
    合わせて提供し、無理なく楽しみながら力を育てていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    運動療育で成功体験を重ね、子ども達の自信につなげていきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-10-03

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害やその特性を持つグレーゾーンの子ども達は、
    適切な支援やサポートがない環境では失敗経験を重ねやすく、
    そこから自信をなくしてしまいがちです。

    自分に自信を持って成長していくためには
    やはり成功体験が大切ですよね。
    家庭や学校での働きかけ、工夫も大事ですが
    放課後等デイサービスの教室でも子ども達が自信をつけ、
    自己肯定感を高めながら成長していくことができるように
    促していきます。

    こどもプラスの教室では運動あそびによる運動療育を
    主軸としていますが、運動は「できた」・「できない」が
    わかりやすいので、成功体験によって満足感や達成感を
    多く感じることができます。
    また、スモールステップで進めていくので、
    1つの運動を習得するまでにとても多くの「できた」経験を
    積むことができ、自信につながります。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
    提供している運動療育プログラムの中から
    「リズミカルグーパー」をご紹介します。

    まず、「グー」「パー」の姿勢を確認しておきます。
    グーは、両手を曲げて胸につけ両足を閉じた姿勢。
    パーは、両手両足を伸ばして大きく広げた姿勢です。

    このグーパーの動きを、音楽や歌に合わせてリズムよく行います。
    最初はゆっくりめのリズムで「グー、パー、グー、パー」と
    交互に動かし、慣れてきたら「パー、パー、グー、グー」や
    「グーを2回、パーを3回」とランダムにしたり、
    スピードを上げて挑戦してみたりします。

    ある程度スムーズにできるようになったら、
    「パー」の時は「グー」のように、言ったことと逆の動きを
    してみると前頭前野が鍛えられるので、
    子ども達に合わせて提供していきたいと思います。

    また、どうしてもうまくできない子は、手だけや足だけの
    動きで少しずつ練習していきます。
    最初から難しくしすぎないように、トレーニングのように
    ならないようにしながら、まずは楽しくリズム遊びをして
    リズム感を育んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害と発達性協調運動障害を併発しているケースも少なくありません。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-10-01

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害の特性を持つ子ども達では、
    ・靴ひもが結べない
    ・はさみや定規がうまく使えない
    ・塗り絵が苦手
    ・スプーンや箸がうまく使えない
    ・飲み物をコップにうまく注げない
    ・キャッチボールができない
    ・公園の遊具でうまく遊べない
    ・階段の昇り降りが苦手
    など、体の使い方がとても不器用な場合があります。

    発達障害では自分の体のボディイメージがつかみにくいことが
    よくありますが、中には発達性協調運動障害を併発している
    ケースもあります。
    決して本人の努力不足や練習不足ではなく、
    上達しないわけでもありません。
    その子に合った方法で行なうことで、少しずつでも確実に
    上達を目指していくことができるので、
    1人1人に合わせた療育支援でサポートしていくことが大切です。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
    提供している運動療育プログラムから「まねっこ走り」を
    ご紹介します。

    子ども達は一列に並び、前の人の動きをマネしながら走ります。
    常に一定の距離を保って走りながら、前の人の動作を見て
    自分の体を同じように動かすには
    強い模倣力と協応力、集中力が必要になります。

    そのため、走りながら行なう動きは最初から難しくせず、
    手を上げる→手を横に広げる→手を上にあげて拍手をする
    →途中で1回ジャンプをする
    というように、少しずつ複雑にしていきます。

    また、通常走る時には腕を体の横で振ることで
    体の軸を保ちバランスをとっていますが、
    その腕を動かすことで、バランスを取るための体幹である
    腹筋や背筋の筋力が強く必要になり養われます。

    慣れてきたら、スキップ、後ろ歩き、片足ケンケン、
    クマやカンガルーの動物の動きなど、
    子ども達の様子に合わせて少しずつ複雑な動きにも
    挑戦してみます。

    体を動かす時は、動きの切り替えを速くすると
    素早い判断力や認識力が必要になり前頭前野を育てることに
    つながるので、動きにメリハリをつけながら行ない、
    また、無理のない楽しい運動あそびになるように
    工夫しながら提供していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害を持つ子ども達の多くが学習面での悩みを抱えています。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-09-13

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害を持つ子ども達の中には、知的な能力の遅れはなくても
    様々な特性から学力が伸びず、学習面での悩みを
    抱えている子が多くいます。
    自分だけがわからない、できないという経験は、
    子ども達の心を深く傷つけます。

    その子の特性に合わせた環境調整や伝え方の工夫などがあれば、
    持っている力を発揮しやすくなるので、
    1人1人に合わせた対応で、持っている能力を最大限に引き出し
    伸ばしていけるように、私達もサポートしていきたいと思います。

    また、子ども達が成長していく上では「自信」や
    「自己肯定感」がとても重要になるので、
    運動療育の中でもいつも意識しながら活動しています。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
    提供している運動療育プログラムから
    「なぞなぞ横跳び」をご紹介します。

    赤と緑など2色の縄を床に並行に並べ、子ども達は
    その縄の間に入ります。
    そして、指導者に指示された色の縄を、足を揃えて
    横ジャンプで跳び越します。

    色の指示は
    「赤」「ほうれん草の色」「赤じゃない方」
    「白(無い色)」「窓に近い方」など
    いろいろな言葉と言い回しで行なうことで、
    イメージ力、語彙力、判断力、思考力、空間認知力
    など多くの力を育てていきます。

    また、跳ぶ時は全員がバラバラに跳ぶのではなく
    指導者の「せーの」の掛け声に合わせて跳ぶようにします。
    そうすることで、抑制力を刺激しながら
    自分で判断して動く力も育てていきます。

    慣れてきたら連続で素早く行なってみたり、片足ケンケンで
    やってみるなど、少しずつ指示や動きの難易度を
    上げて挑戦してみたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    運動療育で体と心と脳の発達を促しながら力をつけていきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-09-07

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    一言で「療育」といっても様々な方法があります。
    いろいろな療育方法がある中で、なぜ私達の教室では
    運動あそびによる運動療育を主軸としているかというと、
    運動は体を鍛えるだけでなく、脳や心の発達も強く促してくれる
    ことがわかっているからです。

    子ども達1人1人の特性やそれぞれの課題に合わせて
    様々なアプローチをしながら、持っている能力を引き出し
    伸ばしていきたいと思っています。

    今日はこどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
    提供している運動療育プログラムから「トンネルわに」を
    ご紹介します。

    子ども達は2人ペアになり、じゃんけんをします。
    じゃんけんに勝った人はその場で立ったまま足を
    開いてトンネルを作ります。
    負けた人はそのトンネルの間を、うつ伏せで進むわに歩きで
    くぐります。

    わに歩きは、手を交互に前に出して体を引き寄せ、
    足を開いて親指で地面を蹴りながら進む動きです。
    それによって、鉄棒で必要な腕の引き付ける力が養われ、
    跳び箱などで役立つ、足を股関節から開くことや
    足の指先の力も育てることもできます。

    トンネルにぶつかると危ないので、うつ伏せで胸までしっかりと
    床につけた低い姿勢のわにさんになることがポイントです。

    また、じゃんけんの勝ち負けで素早く動くことで
    判断力や瞬発力なども養われ、ペアでの遊びによって
    社会性も育てることができます。

    慣れてきたら、トンネルをいろいろなポーズで作ってみたり、
    じゃんけん電車のようにしたりしながら楽しく取り入れ、
    それぞれに必要な力を身に付けていけるように
    促していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    将来につながる生きる力を療育活動の中で育んでいきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-09-05

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害の子ども達の療育活動の中では、
    集団生活での適応力を身につけたり、学力を育てていくことも
    とても大事なことですが、目指すところは将来的な自立です。

    生活をする上では、買い物、家事、スケジュールの管理など
    とても多くのスキルを必要とします。
    短期間で身につくことではなく、発達障害の子ども達では
    生活の中で自然と身に付けていくことがあまり得意ではないので、
    家庭や放課後デイなどでの療育で少しずつできることを
    増やしていく働きかけが必要です。

    その子に合ったやり方とペースで療育を行なうことで
    少しずつでも確実に力にしていくことができるので、
    こどもプラスの教室では、子ども達の将来を見据えた支援で
    しっかりとサポートをしていきます。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
    提供している運動療育プログラムから「シルエットグーパー」
    をご紹介します。

    事前に、動物や動物の足跡、果物、乗り物など身近なものの
    絵をシルエットにしたシルエットカードを作っておきます。
    このカードを1つずつ子どもに見せながら、〇×クイズをします。
    〇×をただ口に出して言うのではなく、
    答えが〇だと思ったら手足を広げて伸ばす「パー」の姿勢。
    答えが×だと思ったら両手を曲げて胸の前につけ、
    足を閉じた「グー」の姿勢になります。

    〇×ゲームをシルエットカードで、さらに体を使って行なうことで
    楽しさも難易度も上がり、集中力、思考力、判断力、抑制力などを
    より強く育てていくことができます。

    また、慣れてきたら人が何かをしているところ
    (電話をしている、ラーメンを食べているなど)の絵の
    シルエットカードでも挑戦してみます。
    そうすることで、その人の動作や気持ちを考えることになり、
    脳のミラーニューロン系が刺激されて
    相手の気持ちを推察する力が養われます。

    あくまでも楽しみながら取り組めるように、
    個々に合わせた遊び方、声掛けなど工夫をしながら
    取り入れていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    子どもが必要としている支援で将来につながるサポートをしていきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-08-21

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    定型発達の子ども達は、家庭の中や近所の友達との関わり、
    保育園、幼稚園などでの生活の中で、自然に集団生活や社会生活に
    必要な様々なスキルを習得していきます。

    しかし、発達障害を持つ子ども達は、こうしたスキルを
    生活の中で自然に身につけることが難しく、
    他の子と同じやり方で身につけることも困難です。
    そのため、個々に合った方法で繰り返し丁寧にやっていく
    必要があります。

    私達も1人1人が必要としていることを見極めながら
    支援・サポートをしていきたいと思います。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
    提供している運動療育プログラムから「幅跳びカンガルー」を
    ご紹介します。

    2本の縄を、間を数十センチ空けて床に置きます。
    子どもはこの2本の縄を一気に跳び越しますが、
    縄の間に落ちないように大きなジャンプをします。

    跳ぶ時は両足を揃えて膝を曲げ、腕を大きく振って
    反動をつけながらジャンプができるようにします。
    前方向に跳ぶことで両足がバラバラになりやすいので、
    直前に声掛けをしたり、足が離れないように足の間に
    「魔法ののり」を塗ってあげたり、
    子どもの横か前に立って手をつないで一緒にジャンプをしてみるなど
    その子に合った補助で上達につなげていきます。

    この遊びで、ジャンプをするための脚力や足の指先の踏ん張る力、
    腹筋背筋、そして空間認知力やイメージ力を養うことができます。
    初めは狭い幅から行ない、少しずつ幅を広げたり
    1つ1つのポイントを正確にできるようにして
    上達を目指していきます。

    ジャンプが苦手な子も、その子に合ったやり方で
    成功体験を積んでいくことができるようにし、
    1人1人が自分のペースでステップアップしていけるように
    工夫をしていき、自信になるようにしたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ASDでは自分の感情も認識しにくく困っている場合があります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-07-31

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達は、相手の気持ちや感情を
    推察しにくいという特徴がありますが、
    自分自身の気持ち、感情にも気付きにくい傾向があります。
    自分の中の喜怒哀楽の感情がよくわからずに、
    ただ不快な感じとしか認識できず、かんしゃくを起こしたり
    してしまうことがあります。

    例え言葉の遅れがなくても、自分の感情を言葉にして相手に
    伝えることはとても難しいので、代わりに言葉にしてあげたり
    困った時の対処法を考えておくなど、1人1人に合わせた方法で
    サポートをしながら安心して過ごせるように支援を
    していきたいと思います。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「ウシガエルでカニ退治」を
    ご紹介します。

    足を開いてしゃがみ、まずは両手を前に出してつきます。
    次に両足が手の横にくるようにジャンプします。
    これを繰り返し、手→足→手→足の順番で前に進むのが
    「ウシガエル」の動きです。

    このウシガエルで跳び箱まで進み、跳び箱の上に
    跳び乗りますが、跳び箱に上にはカニさんの絵を描いておき、
    両手でカニさんの目を隠すように手をつきます。
    次に、足を開いたまま両足ジャンプで跳び箱に跳び乗り、
    その後素早く跳び箱から跳び降ります。

    跳び箱の開脚跳びに必要な腕の支持力と、
    足を股関節から大きく開くことを身につける遊びです。
    また、跳び箱を跳び越す時には手は跳び箱についたままなので
    下方向への力になりますが、同時にジャンプをするために
    上方向にも力が働きます。
    この2つの動きを同時に行えなければ跳び箱の跳び越しは
    できません。

    これらの力を段階を追って少しずつ身につけていき、
    成功体験の積み重ねで自信をつけながら
    やる気や意欲も育てていきます。
    そして、運動だけでなく他の活動や学習にもうまく
    つなげていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害特性は改善に時間がかかりますが療育で良い方向に導くことが可能です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-07-27

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    子育ての中で感じる悩みはとてもたくさんあると思います。
    例えば「宿題になかなとりかかれない」
    「一度気分を壊すと戻るのに時間がかかる」
    「今やっていることをやめられない」
    などの行動や気持ちの切り替えが難しい場面は、
    発達障害の有無に関わらず子どもなら誰にでも
    見られるような特徴です。

    この場合、定型発達の子どもは何度か促したり、
    制限時間を設けたりすることで、だんだんとスムーズに
    切り替えられるようになっていきます。
    ただ、発達障害の子どもの場合はそう簡単には改善せず、
    時間も手間もかかります。
    また、周囲からは単なるわがままのように見えてしまうことも
    ある特性のため、誤解を受けることも多々あります。

    こうした特性にも、その子に合った適切な関わりを続けていくことで
    少しずつ改善を目指していくことができます。
    切り替えができない時、一番苦しいのは子ども自身なので、
    子どもの気持ちに寄り添いながらサポートをしていきたいと思います。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
    提供している運動療育プログラムから「じゃがいも迷路」を
    ご紹介します。

    数枚のマットを、縦・横・斜めにつなげてコースを作ります。
    子どもはマットの上に仰向けになり、両膝を両腕で抱え込み
    体を丸めた姿勢になります。
    この姿勢のまま、横向きにマットの上をごろごろ転がっていきます。

    回転中に腕が離れないように体を丸めた姿勢を維持することと、
    マットから落ちないように進むことがポイントです。
    体を丸めた姿勢で転がるのはバランスを崩しやすく、
    進行方向を定めるのも難しいですが、
    回転しながらバランスを保ち、体の向きを調整することで、
    身体コントロール力、空間認知力、イメージ力、バランス力などが
    しっかりと養われます。

    1人1人の運動能力や興味などに合わせながら、
    楽しく効果的な療育活動になるように工夫していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02 « Older Entries

    ▲page top