トップページ

ご利用方法

お客様の声

アクセス

よくある質問

お問い合わせ

「棒またぎくぐり」で身体周辺感覚を育て、日常生活にも生かせるようにしていきます。

2016-11-17

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

運動療育プログラム「棒またぎくぐり」をご紹介します。
2つの椅子を少し間を空けて置き、その間にフープをかけて障害物を作ります。
このフープに当たらないように渡っていく遊びです。
まずはフープの中にまたいで入り、反対側をまたいで出ます。
帰りは同じようにフープの中にまたいで入ったら、
出る時はワニ歩きになって床を這いながら出て行きます。

フープを視覚でしっかりと捉え、体が当たらないようにまたぎ、
くぐる時はフープが見えない位置にあるので、
位置をイメージしながら体を動かします。
その時に、自分の体もイメージして当たらないように動けるようになると、
「身体周辺感覚」という力が育ち、普段の生活の中で
人や物に当たってしまうということが減ります。

このように、日常生活で役立つ力を遊びの中で育てていくことを大事にして、
日々の療育活動を行なっています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    姉妹教室も是非ご覧ください!

    姉妹教室の天神町教室・中高生向けのめじろ台教室のブログも更新しております。
    ぜひ、ご覧ください(*’▽’)

    当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
    お気軽にお問合せください。

     

     

    こどもプラスは全国に教室がございます。
    教室情報はこちらからご確認いただけます。

    カテゴリー: 運動あそび 

    療育プログラムの紹介

    見学会・イベントのご案内

    職員のご紹介

    アンケート

    2016年11月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930 

    Facebook

    お問い合わせ

    こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

    運営会社について

    職員の募集

    こどもプラス 障がいを抱えるお子さんのための運動教室

    こどもプラス 保育士向けサイト

    RYD 障壁のないまなびを提供

    NPO法人運動保育士会サイト

    こどもプラス FC加盟募集サイト

    ▲page top