予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

アンケート

最近の投稿

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

発達の遅れが気になったら子どもをよく知ることが大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-03-28

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

子どもの発達に遅れがあると思った時に大切なのは、
まず子どものこと良く知り、理解することです。
得意なことや苦手なこと、発達にどの程度遅れがあるかなどを
しっかり把握することで、どんな対応や関わり方が良いのか、
環境調整はどうすれば良いかなどが見えてきます。

私達も保護者の方と一緒に、最適な方法を考えていきます。
不安や悩み事も多いと思いますが、何でもご相談ください。

私達の放課後等デイサービスでは運動療育を主軸としています。
その運動療育プログラムの中から
「指先でカップ運び」をご紹介します。
子ども達は横一列に並び、体操座りのように座ったら
両手は後ろについておきます。
そして、足だけを使ってカップを隣の友達に渡していきます。

カップを渡す時は、両足を使って挟む方法でも
片足の指先で挟んで渡す方法でもどちらでも良いです。
やりやすい方法で、隣の友達に足でカップを渡していきます。

この遊びの中で、相手が受け取りやすい位置などを考えながら
行なうことを学び、相手の立場になって考えたり、
相手を思いやることを身につけていきます。

また、座って足だけを持ち上げることで
太ももの筋力や腹筋が育ち、姿勢を保持する力が身に付くので、
繰り返しできるように競争にしたり、
ルールを加えたりしながら遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top