予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

アンケート

最近の投稿

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

運動不足になりがちな発達障害の子ども達に運動療育を提供しています。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-03-17

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

現代の子ども達は様々な要因から体を動かす機会が減り、
体力や運動能力が著しく低下しています。
発達障害のある子ども達は運動が苦手だったり、
運動をする機会自体があまりないことなどから
特に運動不足になりがちです。

子どものうちからたくさん体を動かすことは
子どもの心身の発達のためにとても重要なことなので、
運動あそびによる運動療育に私達は力を入れています。

教室で提供している運動療育プログラムの中から
「大縄ポイント走り抜け」をご紹介します。
大縄大きく回すので、回っている大縄の中を
まずは正面から入って一気に走り抜ける遊びをしておきます。

縄の動きをよく見て、タイミングを計って
縄の中を走り抜けることができるようになったら、
次は走り抜けるコースを指定します。
右から入って左斜めに抜けるコース、
正面から入って直線に抜けるコース、
左から入って右斜めに抜けるコースの3つです。
それぞれ、入るポイントと出るポイントがわかりやすいように、
フープやコーンで目印を作っておきます。

最初、ただ走り抜けるだけの時は
縄の位置だけ意識すれば良かったのですが、
進むコースが決まっていることで、縄の動きにプラスして、
入り口と出口の位置にも意識を向ける必要が出てきます。

この遊びを繰り返し行なうことで、リズム感や空間認知力、判断力、
瞬発力、2つのことに同時に意識を向ける力などを
強く育てていくことができるので、
1人1人の様子に合わせながら提供していきたいと思います。

運動による成功体験が、子ども達の成長に必要な「自信」の獲得に
つながるので、無理なく挑戦していけることを大事に活動しています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top