予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

ADHDの特性は幼い頃から持っていますが成長と共に目立ち始めます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-06-07

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

ADHDの代表的な特徴には「不注意」「多動性」「衝動性」があり、
多動性・衝動性は保育園や幼稚園に入る頃に目立ち始めます。
さらに、小学校に入学してからはそれに加えて
不注意の症状も目立つようになってくる子が多くなります。

もともとそれらの特性は持っていても、
年齢が幼いうちは他の子ども達も同様なので目立ちませんが、
ある程度の年齢になれば周囲の子はできてくるので、
ADHDがあると次第に特徴がはっきり見えてくるようになります。

ただ、人によって症状の出方や程度が違うので、
個々への支援・サポートが欠かせません。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「平均台でカニ歩き」をご紹介します。

平均台を2本横にくっつけて並べます。
その上に乗って、横向きのカニ歩きで進んでいきます。
その時、両手は顔の横に上げてチョキにして
カニのはさみのようにし、これを最後まで維持して歩きます。

平均台の上という不安定な場所を歩くので、
足元だけに意識を集中させてしまいがちですが、
そうした中でも手を上げてチョキにし続けることで、
2つのことを同時に行なう力が養われます。

また、横歩きをすることでは足の内股の筋肉が養われます。
この筋力は、椅子に座った時に足を閉じて姿勢良く座るのに
必要になるので、しっかり身につけておくと、
普段から良い姿勢で椅子に座っていられるようになってきます。

このように、日常生活で必要な様々な力を遊びながら
身につけていけるのが、運動あそびのポイントです。

また、子ども達の成功体験や達成感を増やすことで
体だけでなく心も育てることができるので、
積極的に取り組めるような工夫をたくさんしながら
日々の活動を行なっていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top