予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

ADHDでは神経伝達物質の不足も日常生活に支障をきたす原因になります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-08-08

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

ADHDではドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンといった
脳内神経伝達物質が不足していると言われています。
これらは「やる気」の源になるもので、
不足すると日常生活であらゆる支障が出てきます。

楽しい運動あそびでこれらの神経伝達物質の分泌を
促すことができるので、運動療育を充実させていきたいと思います。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムの中から
「ウシガエルの跳び乗り&タンバリンタッチ」をご紹介します。
1段の跳び箱を置き、跳び箱の前までウシガエルの動きで進みます。
ウシガエルは、足を横に開いてしゃがみ、
両手はパーにして真ん中について、手→足→手→足の順に
前に出しながら進む動きです。

この動きで跳び箱まで進んで行ったら、両手を跳び箱につき、
足を開いてジャンプして跳び乗ります。
そしたら立ち上がって、腕を大きく振ってジャンプし
跳び箱から跳び下ります。
着地の前に、指導者が持っているタンバリンを
空中でタッチしてから着地します。

着地の前にタンバリンをタッチすることがポイントですが、
タンバリンを叩くことに意識がいきすぎて
着地の時にバランスを崩してしまうことがあります。
もし転びそうになっても、しっかり手をついて
体を支えられるように練習しておきます。

これを運動あそびで経験しておくことで、日常生活で
転んだ時にもとっさに手をついて体を守ることができるので、
運動あそびでしっかりと身に付けていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top