予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

Posts Tagged ‘八王子市 放課後等デイサービス’

記憶力に問題のあるADHDは本人だけでなく周囲の支援が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-05-09

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害の1つ、ADHDでは記憶力が低いという特徴があります。
自分の興味関心のないことはまったく覚えられず、
日常生活に支障をきたしているという人も多くいます。

字が書けるようになればメモをとるという方法もありますが、
メモをとること自体を忘れてしまったり、
メモをとってもそれを見ることが思い出せなかったりするので、
本人の努力だけでなく周囲の助けも欠かせません。

大人になるまでに自分なりの解決策を見つけておけるように、
サポートしてあげることが大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスでも、
子ども達1人1人の特性や困り事に寄り添った支援を心がけています。
教室で提供している運動療育プログラムから
「イメージ縄跳び」をご紹介します。

1人ずつ大縄を跳びながら、指導者の出す問題に答える遊びです。
大縄跳びをしながら問題に答えるためには、
一度に2つ以上のことを処理しなければいけないので
なかなか難易度の高い遊びです。
最初は好きな食べ物や学校の名前など、簡単な質問から始めます。
慣れてきたら「緑色の野菜を3つ答えてください」など、
少し考えることができる問題も出していきます。

繰り返し遊んでいくことで、
リズム感、イメージ力、集中力、考える力、
2つのことを同時に処理する力などを養っていくことができます。
また、ジャンプ遊びは腹筋や背筋などの体幹の筋力を
しっかり養ってくれるので、いろいろな方法で取り入れています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    トゥレット障害も脳機能障害によるもので、理解と支援が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-05-02

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害の1つ、トゥレット障害(トゥレット症候群)の
    主な症状はまばたきや首振り、咳払いなどのチック症状です。
    脳内のドーパミンなどの神経伝達物質の機能不全が原因で、
    合併症としてはADHDや強迫性障害が多くあります。

    他の発達障害と同様に、周囲の正しい理解と
    適切な支援が欠かせず、それによって症状の改善も促せます。

    こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムの「グーパー跳び」とアレンジ遊びをご紹介します。

    床に2本の線を引き、線路に見立てたものを作っておきます。
    まずはその線の中にジャンプして入りますが、
    足を閉じて両手は肘を曲げて胸につけたグーの姿勢で入ります。
    次は線の外側に大きく足を開いてジャンプし、
    両手はまっすぐ伸ばして広げたパーの姿勢になります。
    これを交互に繰り返して進んでいくのが「グーパー跳び」です。

    このグーパー跳びがスムーズにできるようになったら、
    次はグーの時にしゃがんで小さくなり、
    パーの時に立ち上がって大きなジャンプができるようにしたり、
    パーの時に体を半回転させながらジャンプしてみたりします。

    このようにジャンプをアレンジした動きを混ぜていくと、
    より体幹の力を強く育てることができるので、
    普段の姿勢作りや安定した歩行にも役立ちます。
    運動あそびで身につけた力を日常生活で活かせるように
    日々の指導を心がけています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    特定の能力だけが習得困難な学習障害も適切な支援が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-03-27

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    学習障害(LD)は、特定の分野の能力の習得だけが困難な発達障害です。
    知的な遅れも社会性の発達の遅れもなく、
    他の能力は何も問題がないためになかなか理解されにくい障害です。
    しかし、障害なので苦手な分野だけは本人の勉強や努力だけでは
    なかなか習得できず、個々への支援が必要です。

    もし学習障害であれば、苦手なことを習得しようというよりは、
    得意なことを伸ばしていく方に力を入れます。
    そうしていく中で自信をつけながら、いろいろなことに
    挑戦していけるように目指していきます。

    こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「障害物つなわたり」をご紹介します。
    床に1本の縄を置き、縄のところどころにコーンや
    ぬいぐるみなどの障害物を置いておきます。

    その縄の上をつなわたりのように落ちないように歩き、
    障害物をまたぎながら最後まで進みます。
    障害物の数は少ない数から始め、少しずつ難易度を上げながら
    挑戦していくようにします。

    狭くて不安定な縄の上でバランスをとりながら歩くことで
    体幹の筋力や集中力をコントロールする力などが養われます。
    障害物を避けていくことでさらに空間認知力も育つので、
    段階に合わせて提供し、力をつけていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害での身体感覚の弱さは生活面でも困難をきたすことがあります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-03-27

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    ASDやADHDのある子ども達は、身体感覚が弱いことがあります。
    この能力が弱いと、自分の体でも目で見えていない部分は
    無いように感じている場合があります。
    そのために、歩き方や走り方がぎこちなかったり、
    転びやすい、人や物にぶつかりやすい、
    キャッチボールなどが極端に苦手ということが起こります。

    日常生活に支障が出てくることもあるので、
    自分の体の身体イメージを高めるような取り組みが大切です。

    こどもプラスの放課後等デイサービスでは運動療育を
    主軸として療育活動を行なっています。
    その運動療育プログラムから「クマ忍者の修業」をご紹介します。

    スタートラインから少し離れたところに、
    2枚のマットを少し間を空けて並べます。
    そしたら、スタートラインからクマ歩きで進んでいき、
    2枚のマットの間に入って止まります。
    そして、両手は床についたまま動かさずに、
    両足一緒に左右のマットに交互にジャンプをします。

    側転につながる動きなので、大きな横ジャンプを目指して
    少しずつ難易度を上げながら遊びます。

    この遊びでは、腕の支持力や空中でバランスをとる体幹の筋力、
    手を固定したままで足だけを動かすことで
    2つのことを同時に行なう力、
    見えない位置にある足を正確に動かすことで空間認知力や
    身体感覚などを強く養うことができます。

    運動療育では成功体験を多く積み重ねることが大切なので、
    スモールステップで、たくさんの成功体験や達成感を
    感じることができるようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    運動不足になりがちな発達障害の子ども達に運動療育を提供しています。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-03-17

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    現代の子ども達は様々な要因から体を動かす機会が減り、
    体力や運動能力が著しく低下しています。
    発達障害のある子ども達は運動が苦手だったり、
    運動をする機会自体があまりないことなどから
    特に運動不足になりがちです。

    子どものうちからたくさん体を動かすことは
    子どもの心身の発達のためにとても重要なことなので、
    運動あそびによる運動療育に私達は力を入れています。

    教室で提供している運動療育プログラムの中から
    「大縄ポイント走り抜け」をご紹介します。
    大縄大きく回すので、回っている大縄の中を
    まずは正面から入って一気に走り抜ける遊びをしておきます。

    縄の動きをよく見て、タイミングを計って
    縄の中を走り抜けることができるようになったら、
    次は走り抜けるコースを指定します。
    右から入って左斜めに抜けるコース、
    正面から入って直線に抜けるコース、
    左から入って右斜めに抜けるコースの3つです。
    それぞれ、入るポイントと出るポイントがわかりやすいように、
    フープやコーンで目印を作っておきます。

    最初、ただ走り抜けるだけの時は
    縄の位置だけ意識すれば良かったのですが、
    進むコースが決まっていることで、縄の動きにプラスして、
    入り口と出口の位置にも意識を向ける必要が出てきます。

    この遊びを繰り返し行なうことで、リズム感や空間認知力、判断力、
    瞬発力、2つのことに同時に意識を向ける力などを
    強く育てていくことができるので、
    1人1人の様子に合わせながら提供していきたいと思います。

    運動による成功体験が、子ども達の成長に必要な「自信」の獲得に
    つながるので、無理なく挑戦していけることを大事に活動しています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    早期療育によるメリットには様々なものがあります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-02-27

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    ASD(自閉症スペクトラム)やADHD、学習障害などの発達障害では、
    早期の療育開始が大切です。
    早期療育によるメリットには、自分の特性に対する対処法を
    社会に出るまでに身につけることができること。
    それにかける時間も短くて済むこと。
    また、発達障害による症状や特性を改善しておくことで
    将来の職業の選択肢が増えること。
    など様々なことがあります。

    早期療育で子ども達の可能性を広げていきましょう。

    私達こどもプラスが提供する運動療育プログラムの
    「イメージカンガルーカップタッチ」遊びをご紹介します。
    赤・緑・黄色などの色のカップを、床にランダムに配置しておきます。
    そして、両足をくっつけてジャンプするカンガルージャンプで進みながら、
    指導者に指示された色のカップをタッチしていきます。

    指示の方法は「緑」というだけではなく
    「ほうれん草」や「カエル」など、その色を連想させるものの名前で
    指示を出し、イメージ力や記憶力、判断力なども育てていきます。

    1人1人で段階が違うので、それぞれに達成感を感じられるように
    難易度を調節しながら遊んでいき、
    必要な能力を身につけられるようにしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    カンガルー跳びで短縄跳びの練習です。脳を育てる運動療育センター、放課後 等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2015-11-30

    脳を育てる運動療育プログラムを提供する放課後等デイサービスの

    チャイルド・ブレインです。

    今日は、教室で行っているカンガルー跳びのご紹介をします。

    この遊びで、短縄跳びの力が身に付きます。

    カンガルーさんに変身して、両足でジャンプして進みます。

    特に注意している点は、ひざ、足をしっかりと閉じて、両足でジャンプすることです。

    意識しないと足が開いてしまうことが多いので、

    最初に“魔法ののり”でしっかりと足をくっつけてから始めます。

    楽しくできるように、カンガルーさんでいろいろなところに旅をするという

    設定で行ったりしています。

    楽しくなってくると足がバラバラになってきてしまうので、その都度“魔法のの

    り”でくっつけて行うようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    今日の職員研修会では、ADHDとパーソナリティ障害について勉強会をしました。

    2015-11-25

    今日は、ADHDとパーソナリティ障害について勉強会を行いました。

    ADHDとよく似た特徴を持つ障害の一つに、パーソナリティ障害があります。

    どちらも極端で衝動的な言動や行動が多く、対人関係がうまくいかないという

    共通点はありますが、症状が起こる原因や対処方法は違ってくるので気をつけ

    なければいけません。

    でも、ADHDの二次障害としてパーソナリティ障害を併発してしまうことも

    あります。

    これは、感情を抑えられないことや、周囲の理解不足によってたまった

    ストレスや自己否定の感情からなってしまうものなので、

    周りのサポートの仕方が大切になります。

    なので、私たちも、失敗を減らして成功体験を増やせるような環境作り、

    指導をすることや、予定外の行動や、あいまいな指示をしないこと。

    もし問題行動をしてしまっても、大きなトラブルにならなかったことを褒める

    などのことを心がけています。

    感情のコントロールは訓練次第で着実に身に付いていきます。

    まずは本人の自己愛を育ててあげるようにサポートしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    チャイルドブレイン(八王子市放課後等デイサービス) 教室情報

    2015-03-23

     

     

     

    今日は、お昼すぎからこども達がきてくれました。

    そろそろ春休みですね~

    こども達は、学校があったほうが嬉しいのかな??

    お昼を食べて、すぐ自由時間!!

    みんな、いろいろな遊びをしていました。

    ボール遊び、縄跳び、お絵かき、跳び箱、ジグソーパズル、工作など

    こども達の元気は、すごいですね!!

    IMG_8183

    完成したかな??

    IMG_8182

    野球!!

    自由時間の後は、運動遊び、読み聞かせ、フラッシュカード、おやつでした。

     

    IMG_8195

    読み聞かせをする笹岡先生

    教室情報など、お気軽にお問合せください。

    contact_tel-number

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    放課後デイ チャイルドブレイン 教室情報

    2015-03-20

    八王子市放課後等デイサービス

    チャイルドブレイン 教室情報

     

    今日も見学者がきてくれました。

    ありがとうございます。

    ご見学を希望の方は、お気軽にお問合せください。

     

    今日の八王子市は一日中曇りでした。

    気温の変化がはげしいですね。。

    チャイルドブレインの教室では、

    半袖になるこども達が多いです。

    こども達は、元気ですね~

    IMG_8079

    運動の様子

    チャイルドブレインでは、さまざまな運動を

    とりいれています。

    contact_tel-number

     

     

     

     

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02 « Older Entries

    ▲page top