予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

発達障害の程度は様々で個々に合った支援が生きやすさにつながります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-07-12

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害は大きく分類してASD(自閉症スペクトラム)、
ADHD(注意欠如/多動性障害、LD(学習障害)があります。

これらの発達障害があっても、
そこまで気にならずにいられる人、
とても生き辛さを感じている人、
特性を才能として活かして活躍している人、
人によって様々です。

生活に困難を感じている場合は必要な支援を
していかなければいけません。
そうすることが、結果として生活のしやすさや
才能を生かすことにもつながっていきます。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで
提供している運動療育プログラムの中から
「ぶら下がりジャンプ」をご紹介します。

鉄棒の前後には直径30センチくらいのフープを
1つずつ置いておきます。
まずは後ろのフープの中に立って、鉄棒を両手で握ります。
そしたら腕を曲げて鉄棒にぶら下がり、
体を前後に大きく振ってから、タイミング良くジャンプして、
前のフープの中に両足で着地します。

鉄棒の高さは、高めの方が難易度は低くなるので、
最初のうちは高めに設定し、少しずつ低くしてみたり、
フープの位置を前後に離したりしながら遊んでいきます。

腕を曲げた状態で長くぶら下がれることが良いので、
体を振る回数を友達と競争してみたりしながら
腕の力や腹筋背筋、太ももの筋力などを育てていきます。

これらの筋力が養われると、逆上がりの習得や上達にも
つながるので、遊びの中で力をつけていけるように
いろいろな工夫をしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top