予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

発達障害は一見障害とわかりにくいですが周囲の支援が欠かせません。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-07-06

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

ASD(自閉症スペクトラム)をはじめとする発達障害の多くは、
少し見ただけで障害とわかるものではありません。
また、発達障害という言葉は知っていても、
どんな障害でどんな困難があるのかなどは、
正しい知識がない人が多くまだまだ誤解されていることも
少なくないのが現状です。

発達障害の子ども達への正しい理解と支援が
広がるように私達も活動をしていきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「さつまいもでメダル運び」をご紹介します。
子ども達は2人ペアになり、向かい合ってうつ伏せになります。
2人の間には直径30cmほどのフープを置き、
両手を伸ばしてフープを一緒に持ちます。

2人でしっかりフープを握ったら、両足をまっすぐにして、
横にごろごろ一緒に転がっていきます。
そして、ゴール地点まで2人で一緒にフープを運びます。

2人で転がるスピードを合わせることが大事なので、
自分のペースだけで進まないように
お互いに相手の動きを意識しながら転がれるようにし、
社会性や協調性などを身につけていけるように促します。

どんな遊びでも1人1人に合わせて工夫をしながら、
それぞれが必要な力を身につけていけるように
子ども達との関わりを大事に活動していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top