発達障害ではできないことよりも得意を伸ばしてあげることが大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-10-27

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害を持つ子ども達は、その特性ゆえにできないことも
たくさんありますが、得意なことや夢中になれるものが必ずあります。
大事なことは、周囲に合わせようと苦手なことを無理して
努力し続けることよりも、個性を尊重して得意を伸ばしていくことです。

今は便利な道具もあるので、苦手なことは道具に頼ったり、
周囲の人に助けてもらうことで解決していっても良いと思います。

私達も一人一人の良いところを伸ばしながら、生活で必要な様々な
スキルを身に付けていけるように丁寧な支援を心がけています。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している運動療育プログラムから
「平均台障害物渡り」をご紹介します。

平均台の上に、3つ~4つのカップを間を空けて置きます。
子ども達は1人ずつ、この障害物に当たらないように
つま先歩きで平均台の上を歩いて渡っていきます。

障害物に当たらないように歩くことで、障害物の位置を正確に捉えて
それに歩幅を合わせて足を動かすので、空間認知力が養われます。

慣れてくると子ども達はスピードを競いたがりますが、
効率的に力をつけるためには、適当に速く渡るよりもゆっくり慎重に
障害物に当たらないように歩くことが大切です。
また、落下のリスクも増すので、そんな時は渡っている子どもの頭の上を
新聞紙で作った棒でスイングさせ、その棒に当たらないようにしゃがんで
避けながら障害物渡りをしていくようにします。

そうすることで、さらにバランス力の強化や、上手な身のこなしを
身に付けていくことができます。
これは日常生活での怪我を防ぐことにもつながる力なので、
繰り返し楽しく遊び、しっかりと力を育てていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02
    Copyright© 2014 八王子市 放課後等デイサービス チャイルド ブレイン All Rights Reserved.