予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

ASDでは人と適切な距離をとるのが難しく、早期の対応が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-10-25

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

人にはそれぞれパーソナルスペースと呼ばれるものがあり、
他人にその距離より近寄られると不快に感じます。
ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達にはこの理解が難しく、
友達に顔を近づけすぎて嫌がられてしまったり、
急に触ったり抱きついたりしてしまうことがあります。

子どものうちは、相手も笑って許してくれることが多いですが、
ある程度の年齢になればそうもいきません。
早いうちに対処していき、人との適切な距離感や接し方を少しずつ
身に付けておくことが、今後のためにとても重要です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している運動療育プログラムでは、
そうしたことも遊びながら身に付けていくことができます。
今日は、その運動療育プログラムの中から「片足クマの通院」をご紹介します。

まずは、四つんばいから膝とお尻を上げたクマの姿勢から、
片方の足を後ろに上げて片足クマの姿勢になります。
この片足クマの姿勢で、でこぼこした足場の悪い道を歩いていきます。
でこぼこの道は、マットの下に積み木や丸めたタオルなどの
障害物を入れて作ります。

不安定な足場の上を、転ばないように片足クマの姿勢で歩くことで
強いバランス力が育ち、毎回手をつく位置を考えながら体を動かすことが
必要なので、先を読む力や体の動きをコントロールする力も身に付きます。

速く進む必要はないので、転ばないように一歩一歩正確に
進むことを大事にして行います。
子ども達の様子や発達段階に合わせて、コースの長さを調節したり、
障害物の数や大小などで難易度を変えていきながら遊びます。

繰り返し遊ぶことが大切なので、子ども達が飽きないように
工夫を凝らしながら、提供するようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top