予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

療育は個々に合わせて根気良く行なうことが大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-01-10

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害の子ども達の困り事を減らすためには療育が効果的ですが、
療育は始めてすぐに大きな効果が出ることはあまりありません。
発達障害の子ども達はゆっくり成長していくことが多いので、
発達の遅れが気になる部分や苦手な部分がすぐに目に見えて
改善できるということはまれです。

根気良く丁寧に、そして一人一人に合わせたやり方で働きかけていくことで
子ども達は着実に成長していきます。
子ども達の将来に向けて、先を見据えた支援を続けていきたいと思います。

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「なぞなぞグーパー」をご紹介します。

まずは「グーパー跳び」の練習をします。
両腕を曲げて胸の前でくっつけ、両足を閉じたグーの姿勢と、
両手両足を伸ばして大きく広げるパーの姿勢を交互に繰り返します。
このグーパー跳びが一定のリズムでスムーズにできるようになったら、
グーパー跳びをしながら指導者の出すなぞなぞに答えます。

一定のリズムを刻みながら別の思考をするのはとても難しいことなので、
最初のうちはゆっくりなリズムで行います。
ゆっくりで良いので、なぞなぞを聞いている時も、答えを考えている時も、
答えを言った後もグーパー跳びを維持しながら行うようにします。

この遊びでは、動きながら相手の声に耳を傾ける集中力、
相手が言っていることを理解する語彙力、答えるための思考力や判断力、
跳びながら話す調整力などが強く養われます。

これらの力は日常生活で大いに役立つので、遊びに取り入れることで
効果的に身につけられるようにしていきます。
また、発達段階に合わせて遊びを変化させながら、発達をより効果的に促し
そして子ども達が自主的に取り組めるように工夫しています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top