予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

ADHDなど発達障害ではその特性により感情コントロールが難しい場合があります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-02-19

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

ADHD特性を持つ子ども達の多くは感情をコントロールすることが難しく、
周りから見たらささいと思えることで怒りを爆発させてしまったり、
カッとなると衝動的に手が出てしまったりすることがあります。

これは、発達障害によって脳の前頭前野の働きが弱いことが関係しています。
前頭前野がきちんと働いていれば、過去の経験や情報から
総合的に判断して感情を理性的に抑えることができますが、
それが苦手なために感情のコントロールが難しくなります。

つまり、決して本人の性格の問題ではなく
脳の特性によるものなので、本人の努力だけでは改善が困難です。

こどもプラスの放課後等デイサービスでは、運動あそびによる
運動療育を主軸として提供していますが、
運動は感情コントロール力を養うためにも効果的な方法です。
1人1人に合わせて提供し、個々の必要としている力を
しっかりと身に付けていけるように日々活動しています。

教室で提供している運動療育プログラムから
「すり足でジャングルツアー」をご紹介します。

教室の中に跳び箱、三角コーン、縄、スリッパ、フープなど
様々なものを置いてコースを作ります。
いろいろな動きができるように、コースの中には横向きで進むところ、
後ろ向きに進むところ、跳び越すところ、くぐるところ、
足元の不安定なところなどを作るようにします。

このコースを進んでいきますが、普通に歩いていくのではなく
すり足で足音をできるだけ立てないように静かに進んでいきます。
すり足は普段の歩き方と体の使い方が違うので、
身体コントロール力やバランス力、集中力などを養うことができます。
また、障害物を意識して歩くことで空間認知力も養われます。

すり足で歩くことや順番やルールを守って進んでいくことなどで
集中力、抑制力、記憶力などを育てることができます。
それぞれに集中力の持続時間や集中しやすい環境などが異なるので、
個々に合わせて効果的に提供できるようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top