発達障害特性は成長と共に変化するので臨機応変な対応が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-03-20

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

ADHDの子ども達は、注意が散漫だったり、じっとしているのが難しく
衝動的に行動する傾向があります。
個々によってどの特徴が強く出ているかは変わりますし、
年齢を重ねることで行動の傾向が変化していったり
特徴が弱まることもあります。

特に行動面での多動や衝動性は減っていくことが多いですが、
本人の中では頭の中の考えが整理できなかったり、
どんなに気を付けようと思っていても忘れてしまったり、
思いつきで行動してしまう、感情のコントロールが苦手など
様々な困り事を抱えていることが多くなります。

こどもプラスの放課後等デイサービスの教室では、
子ども達の今の困り事だけでなく、将来を見据えながら
臨機応変に対応していくことを大事しています。

今日は、教室で提供している運動療育プログラムの中から
「平均台の上から魚釣り」をご紹介します。

魚釣りに使う魚と釣竿は、事前に作っておきます。
魚には磁石や洗濯ばさみなどを付けて、竿で釣れるようにしておき、
平均台の周りにばらまきます。
そして、1人ずつ平均台の上から釣竿を垂らして魚釣りをします。

平均台からうまく魚釣りをするには、魚と釣竿との距離を測る
空間認知力と腕から指先、釣竿までの連動が大事になります。
また、平均台から落ちないようにバランスを保たなければいけないので、
つま先の踏ん張り力やバランス力、そして集中力が強く養われます。

最初は立ったままで行ないますが、慣れてきたらしゃがんだ姿勢で
行ない、魚の位置も平均台から少しずつ離して難易度を
上げながら挑戦していきます。
また、ポイント制にしてみたり、友達と競争してみたりしながら
いろいろな遊び方で楽しく遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02
    Copyright© 2014 八王子市 放課後等デイサービス チャイルド ブレイン All Rights Reserved.