予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

Posts Tagged ‘ダウン症’

運動療育で体と心と脳の発達を促しながら力をつけていきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-09-07

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

一言で「療育」といっても様々な方法があります。
いろいろな療育方法がある中で、なぜ私達の教室では
運動あそびによる運動療育を主軸としているかというと、
運動は体を鍛えるだけでなく、脳や心の発達も強く促してくれる
ことがわかっているからです。

子ども達1人1人の特性やそれぞれの課題に合わせて
様々なアプローチをしながら、持っている能力を引き出し
伸ばしていきたいと思っています。

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムから「トンネルわに」を
ご紹介します。

子ども達は2人ペアになり、じゃんけんをします。
じゃんけんに勝った人はその場で立ったまま足を
開いてトンネルを作ります。
負けた人はそのトンネルの間を、うつ伏せで進むわに歩きで
くぐります。

わに歩きは、手を交互に前に出して体を引き寄せ、
足を開いて親指で地面を蹴りながら進む動きです。
それによって、鉄棒で必要な腕の引き付ける力が養われ、
跳び箱などで役立つ、足を股関節から開くことや
足の指先の力も育てることもできます。

トンネルにぶつかると危ないので、うつ伏せで胸までしっかりと
床につけた低い姿勢のわにさんになることがポイントです。

また、じゃんけんの勝ち負けで素早く動くことで
判断力や瞬発力なども養われ、ペアでの遊びによって
社会性も育てることができます。

慣れてきたら、トンネルをいろいろなポーズで作ってみたり、
じゃんけん電車のようにしたりしながら楽しく取り入れ、
それぞれに必要な力を身に付けていけるように
促していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ダウン症児も運動療育で生活力向上につなげていきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-07-03

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    ダウン症の特徴はいろいろなものがありますが、
    多くの子が体を動かすことを苦手としています。
    筋量が少ない、筋緊張が低く関節も柔らかいという特徴があるため、
    立っている時にかかとの骨を垂直に支えきれず、体全体が傾いてしまい
    バランスを保つのが難しかったり、足首が不安定で歩きにくいこともあります。

    同じダウン症でも、筋緊張や関節の柔らかさには個人差があります。
    全く問題なく走り回れる子もいれば、大きな装具を着けないと立てない子も
    いるので、運動に制限のない場合は、できる範囲で運動療育を行ない
    日常生活に必要な能力を身に付けられるようにしていきます。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「アヒルの柵越え」をご紹介します。

    足を開いてしゃがんだ姿勢で歩く「アヒル歩き」で
    縄やゴム紐などの低い高さの障害物をまたいで進んでいく遊びです。
    アヒル歩きのポイントは、足を股関節からしっかり開くこと、
    お尻がだんだん上がってこないように低い姿勢を維持して歩くこと、
    かかとを着けずにつま先歩きをすることです。

    アヒル歩きでは1歩前に出すたびに、片足で全体重を支えて
    バランスをとる力が必要になります。
    この状態で障害物に当たらないようにまたぐことで、空間認知力を養い、
    バランス力や足の指先の力を強く育てていきます。

    1人1人の段階に合わせた運動あそびと関わりで、
    子ども達の力を引き出し伸ばしながら、発達を促していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害ではコミュニケーション面で様々な困難があり支援が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-02-17

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害の子ども達はコミュニケーション面で様々な苦手さを
    持っていることが多いですが、人との距離感やコミュニケーションの
    とり方がわからない場合があります。

    例えば、誰に対しても抱きついてしまうというような場合、
    小さいうちは良いかもしれませんが、徐々にそうもいかなくなります。
    抱きつくという行為がその子にとってのコミュニケーションの
    手段になっているので、ただ止めるのでは本人も理解ができません。
    わかりやすく理由を説明すると同時に、代わりにどんな方法が
    あるのかを具体的に教えていくことが必要です。

    子ども達が良い方向に向かっていけるように
    周囲が促してあげることが重要になります。
    いつも子どもの気持ちに寄り添いながら、丁寧に支援を
    していきたいと思います。

    こどもプラスでは運動あそびによる運動療育を主軸としていますが、
    その運動療育プログラムの中から「だるまさんがころんだ」の
    アレンジ遊び「つま先歩き+ポーズで静止」をご紹介します。

    まずは「だるまさんがころんだ」のルールをしっかりと確認します。
    鬼以外の子ども達は、足音を立てないつま先歩きで進み、
    鬼の「だるまさんがころんだ」の声に合わせてピタっと静止します。
    止まる時のポーズは、「石」や「お地蔵さん」や「フラミンゴ」
    というように鬼が指定します。

    鬼は相手が止まりにくい姿勢を考え、止まった時に体が動いている
    子やポーズが違っている子を素早く見つける力が必要になります。
    逃げる子ども達は、鬼を注視していなければ止まるのが遅れて
    しまうので、集中力や判断力などが必要です。
    そして、指定されたポーズを覚えておくことや、
    「お地蔵さん」はどんな形だったかを想像して、自分の体をその形に
    近づけるイメージ力や模倣力なども大事になります。

    つま先歩きの動きは腹筋背筋が育っていないとバランスをとることが
    難しく、スピードをつけすぎても静止が難しくなります。
    つま先立ちで静止するためにはかなりのバランス力が必要なので、
    ポーズによって静止時間を調整したりしながら行います。

    「だるまさんがころんだ」遊びは、人のリズムに合わせて動くので
    脳に良い刺激を与えることができます。
    集中力や抑制力の向上、そして社会性の発達にもとても良い遊びなので、
    繰り返し取り組めるようにいろいろな工夫をしながら
    取り入れていくようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害の子ども達が社会生活で必要なスキルを身に付けられる支援が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-01-22

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    コミュニケーションをとることに苦手さがある発達障害の子ども達は、
    普段の生活の中で困ったことがあった時にも
    誰かに助けを求めたり、相談をすることができない場合があります。
    困った時に周囲に助けを求めるということは、
    社会に出た時も必要になるスキルです。

    遊びの中のやりとりで少しずつ身に付けていけるような
    働きかけが大切です。
    療育活動の中で、その子に必要な力をしっかりと見極め
    育てていきたいと思います。

    こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「りんごキック」をご紹介します。

    まず、脇を締めて腕を曲げた状態で鉄棒にぶら下がります。
    次に足も膝を曲げて持ち上げ、体を小さく丸めて
    「りんごさん」の姿勢になります。
    ここから、片方の足を前に出してキックをします。

    終始懸垂の状態をキープすることがポイントで、
    全身の力が強く必要になります。
    どうしても腕が伸びてしまう場合には、お尻を少し支える
    補助をしてあげるようにします。

    この遊びで、鉄棒を握る指の力と腕を曲げて体を引き付ける上半身の力、
    足を持ち上げるための腹筋や下半身の力などを育てることができます。
    逆上がりに必要な力を特に養うことができる遊びなので、
    何度も繰り返し行ない、逆上がり達成に向けて力をつけていきます。

    慣れるまでは難しいこともありますが、繰り返し行なうほど逆上がりの
    習得につながりやすいので、子ども達の興味をひきながら
    楽しく継続していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    言葉の発達は子どもが自主的にできる活動で促すことがポイントです。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-01-19

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのこどもプラスです。

    ASD(自閉症スペクトラム)を持つ子ども達の中には、
    言葉の発達に遅れがある子ども達がいます。
    相手に自分のことを伝えたいという意識が少ないことも
    言葉やコミュニケーションが増えない一つの原因になります。

    療育によって語彙力をつけ、少しずつ文章を話す練習をしたり、
    遊びの中のやりとりで相手に伝えることの楽しさや大切さを
    感じられるようにしたりしながら、少しずつ身に付けていきます。

    大事なことは、子どもがやらされている感でやるのではなく、
    楽しみながら積極的に取り組めることです。
    日々の療育活動の中では、いつもこのことを意識しながら
    行なうようにしています。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムの中から「なぞなぞ横跳び」をご紹介します。

    赤と黄色など、色の違う2本の縄を間を空けて並行に置きます。
    子ども達はその2本の縄の間に入って縦一列に並び、
    指導者が指示した色の縄を横跳びで跳び越します。
    跳ぶ時は一人一人バラバラに跳ぶのではなく、「せーの」の
    掛け声に合わせて一緒に跳ぶようにします。

    色の指示をする時は、
    「赤い縄を跳びましょう」
    「バナナの色を跳びましょう」
    「赤じゃない方を跳びましょう」
    「黒い縄(無い色)を跳びましょう」
    「先生が挙げた旗の色の縄を跳びましょう」
    「鉄棒に近い方の縄を跳びましょう」
    など様々な要素を盛り込んだ指示を出していきます。

    そうすることで、聞く力、イメージ力、判断力、空間認識力や
    状況判断力などを育てていきます。
    そして、自分のタイミングではなく全員同時に跳ぶことで
    集中力や抑制力なども身に付けていけるようにします。

    子ども達一人一人に必要な力を見極め、それぞれが身につけやすい方法で
    無理なく身につけていくことができるように
    個々に合った支援を大切にしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    療育は個々に合わせて根気良く行なうことが大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-01-10

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害の子ども達の困り事を減らすためには療育が効果的ですが、
    療育は始めてすぐに大きな効果が出ることはあまりありません。
    発達障害の子ども達はゆっくり成長していくことが多いので、
    発達の遅れが気になる部分や苦手な部分がすぐに目に見えて
    改善できるということはまれです。

    根気良く丁寧に、そして一人一人に合わせたやり方で働きかけていくことで
    子ども達は着実に成長していきます。
    子ども達の将来に向けて、先を見据えた支援を続けていきたいと思います。

    今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「なぞなぞグーパー」をご紹介します。

    まずは「グーパー跳び」の練習をします。
    両腕を曲げて胸の前でくっつけ、両足を閉じたグーの姿勢と、
    両手両足を伸ばして大きく広げるパーの姿勢を交互に繰り返します。
    このグーパー跳びが一定のリズムでスムーズにできるようになったら、
    グーパー跳びをしながら指導者の出すなぞなぞに答えます。

    一定のリズムを刻みながら別の思考をするのはとても難しいことなので、
    最初のうちはゆっくりなリズムで行います。
    ゆっくりで良いので、なぞなぞを聞いている時も、答えを考えている時も、
    答えを言った後もグーパー跳びを維持しながら行うようにします。

    この遊びでは、動きながら相手の声に耳を傾ける集中力、
    相手が言っていることを理解する語彙力、答えるための思考力や判断力、
    跳びながら話す調整力などが強く養われます。

    これらの力は日常生活で大いに役立つので、遊びに取り入れることで
    効果的に身につけられるようにしていきます。
    また、発達段階に合わせて遊びを変化させながら、発達をより効果的に促し
    そして子ども達が自主的に取り組めるように工夫しています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    あけましておめでとうございます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-01-05

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    新年明けましておめでとうございます。
    本年も子ども達のために全力を尽くしていきたいと思いますので、
    どうぞよろしくお願い申し上げます。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから、全身を使った「コマ回し」遊びのご紹介をします。

    うつ伏せに寝転んだら、体を反らせて両手で足首を持ちます。
    そしたら指導者が、上から子どもをぐるぐると回転させます。
    子どもは体を反らせてお腹だけを地面につけた状態なので、
    横に倒れないようにバランスをとることが必要になります。
    そのため、腹筋や背筋、手足の筋肉を強く育てることができます。

    他にもお正月に関連した遊びや、戌年なので犬歩きをアレンジした
    遊びなどで楽しく遊び、子ども達の体だけでなく心の発達も
    促していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害特性により食べ過ぎや肥満、運動不足になりやすい傾向があります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-12-21

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害のある子ども達は、様々な要因から食事やおやつを
    食べ過ぎてしまう傾向があります。
    特に子どもが自分で食事量を調節したり、栄養バランスを考えて
    食べることは難しいので、1人1人の特性や原因に応じた対応が必要です。

    また、運動不足にもなりやすいので、適度に体を動かす習慣を
    身につけることもとても大切です。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「反復横跳び移動」をご紹介します。

    スタートラインから少し離れたところにコーンを置いておきます。
    子ども達は1人ずつスタートラインに立って、合図があったら反復横跳びの
    動きで進んでいき、コーンの位置で折り返して戻ってきます。
    コーンの位置で曲がる時にリズムやバランスを崩しやすいので、
    その場合はゆっくり曲がるように声掛けをします。

    慣れてきたら時間を決めて、制限時間内に戻ってこれるようにします。
    制限時間があることで、時間を気にしながらある程度のスピードで進み、
    コーンで方向転換をする時にもリズムやバランスを崩さないように
    より意識を集中させ、空間認知力を使って身体を動かす必要があります。

    スムーズにできるようになったら、リレー形式で遊ぶことにも挑戦します。
    そうすることで子ども達の協調性が養われたり、順番を守る、
    友達がやっている時はしっかり見る、応援をするなどのことを身につけ
    社会性の発達にもつながっていくので、子ども達の様子に合わせて
    少しずつ取り入れていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    環境調整や声掛けの工夫で子どもの集団の中での適応力が上がって自信になります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-12-09

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    学校や保育園など集団生活の場では、先生の話をよく聞いて
    行動することが必要になりますが、発達障害の子ども達にとっては
    これがとても困難なことがあります。

    しっかり聞こうと思っていても目や耳から入ってくる情報が多いと
    先生の声に集中できなくて聞き逃してしまうので、
    座席を一番前にしてもらったり、壁の掲示物や棚の中が見えないようにする、
    カーテンや仕切りで外の景色、音が入らないようにするなどの工夫が必要です。

    また、「これから大事なお話を2つします」と先に伝えたり、
    「〇〇さん、今から先生がお話をします」と個別の声掛けも有効です。
    言葉の理解を促すことはもちろんですが、話を聞ける体勢が作れるように
    配慮してあげることもとても大切なことです。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「足開きソリ」をご紹介します。

    子ども達は2人組みになり、1人が足を開いて座ります。
    もう1人は座っている子の前に向かい合って立ち、
    両手を持って後ろ向きに引っ張っていきます。

    座っている子は、腹筋背筋に力を入れて転ばないようにバランスをとり、
    足の親指にも力を入れて足をしっかり開いておきます。
    引っ張る子は足の指先に力を入れて踏ん張りながら引っ張ります。

    スムーズに進むには、2人の息を合わせることがポイントです。
    どちらかが力を抜いているとうまく進めないので、
    相手をよく見ながら行なうようにします。
    特に引っ張る子は、急に勢い良く引っ張ったり急角度で曲がったりすると
    危ないので、相手を意識することが大切になります。

    2人組みでの遊びは社会性やコミュニケーション能力を育て、
    他者を理解する力を身につけることにもつながります。
    最初から子ども同士のペアで難しい場合は、指導者が引っ張る役をして
    まずは楽しいということを感じてもらいながら、徐々に子ども同士や
    いつもと違う相手とでもできるようにしていきます。

    ただ、今日できたことが明日もできるとは限らないので、
    少しずつ子ども達1人1人の様子を見ながら遊んでいくようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    段階を追った運動あそびで生活面でのスキルアップにもつなげていきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-11-29

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    日常生活での手先を使った動作はいろいろありますが、
    ある程度の年齢になるとほとんどの子が
    ボタンの留めはずし、箸を使う、鉛筆を握る、靴ひもを結ぶなどの
    手先を器用に動かす動作ができるようになります。

    しかし、発達障害の子ども達の中には、極端に手先が不器用で
    日常生活で困難さを感じていることがあります。
    うまくできないことからかんしゃくを起こしたりすることもあるので、
    手助けをしたりやりやすい物に換えるなど、
    周囲が支援してあげることが必要になります。

    また、手先の発達を促すには、ハイハイのように腕で体を支える動きや、
    腕で何かを押すような動きを十分にしてきていることが必要です。
    体の中心に近い大きな筋肉から鍛えていくことが
    手先の器用さにつながっていくので、運動あそびを通して力をつけ、
    日常生活でのスキルアップを目指していきたいと思います。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「線路で4方向のウシガエル」をご紹介します。

    まず床に2本の縄やテープで線路を作ります。
    足を開いてしゃがんだら、両手はパーに開いて線路の中につきます。
    そして、手はついたままで線路の右側に両足一緒にジャンプをし、
    続いて線路の左側にまた両足でジャンプをします。
    それから最初の位置にまた両足ジャンプで戻ったら、
    最後に足を開いてウシガエルの姿勢で前に跳びます。
    この動きを1セットとして、繰り返しながら前に進んでいきます。

    この遊びでは体幹の筋力や腕の支持力を養うことができ、
    体の動きをコントロールする力も育てることができます。
    そのため、この動きが素早くできるということは、自分の体を自分で
    コントロールする力がついているということになります。
    最初はゆっくりで良いので確実に行ない、少しずつ上達を目指していきます。

    このような遊びを通して、手先の器用さの獲得にもつなげていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02 « Older Entries

    ▲page top