予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

ストレス耐性が低いのもADHDの特徴のひとつです。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-07-21

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

ADHDではその脳の特性から事故や危険に遭いやすく、
ストレスに弱かったり傷つきやすいという特徴もあります。
子ども達を守り、ストレスを軽減させてあげるためにも
早期の療育による支援が大切です。

私達こどもプラスの放課後等デイサービスでも、
子ども達の心に寄り添いながら、一人一人に最適な
療育を提供し、サポートしていきたいと思います。

今日は、教室で提供している運動療育プログラムから
「クマ忍者の修業(平均台)」をご紹介します。
平均台や巧技台の上に両手をついて、
足だけで左右にジャンプする遊びです。
最初のうちは足を開いて、片足ずつまたぐようにジャンプします。
慣れてきたら、両足一緒に左右にリズムよくジャンプをします。

手は固定したままで足だけを動かすので、
身体コントロール力やイメージ力、空間認知力、
集中力も養われる遊びです。
さらに、両足をくっつけて同時に左右にジャンプをすることで
下半身の連動性も高まり、足先だけでなく
腰からのジャンプを習得することができます。

高さの低い平均台で行いますが、まだ支持力や体幹が
弱い子や高さが怖い子などは無理に行なわず、
マットでのクマ忍者の修業で力をつけていきます。

必ず少しずつステップアップしながら、
楽しく力をつけていけるようにします。
そうすることで、小さな成功体験をたくさん積むことが
できるので、自信や意欲を持ちながら次に進むことができます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top