予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

目に見えにくい発達障害は誤解も多く、適切な支援が行き届いていないこともあります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-07-04

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害は発達に遅れや偏りがあるものですが、
それが軽度だったり部分的だったりすることもあり、
なかなか障害として理解してもらうことが難しい場合もあります。

適切な理解や支援が得られないままだと、
二次障害を発症してしまったり、
どんどん症状が悪化してトラブルが耐えなくなり、
不登校や引きこもりにつながってしまうケースが多くなります。

子ども達を守るために、私達も療育活動や日々の関わりの中で
しっかりと支援・サポートしていきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「ジグザグ走り」をご紹介します。
縄やテープなどで幅のあるジグザグのコースを作り、
そのコースの中を両手を広げて走っていきます。
両手を広げることで体のバランスをとりながら、
コースからはみ出さないように、上半身を左右に傾けて走ります。

まっすぐではなくジグザグコースを走ることで、
コースに合わせて方向転換をする力が養われます。
スムーズに方向転換をするためには、バランスを保つ腹筋背筋、
足の指先の踏ん張る力などが必要になるので、
これらの力が強く育ちます。

また、コースの幅を一定にするのではなく、
狭いところと広いところを作るようにしたり、
ジグザグの角度を変化させることで
空間認知力や速度調整、方向転換力を強く養っていきます。

個々に運動能力や集中力などにも差があるので、
1人1人に合わせた内容で提供し、
楽しく遊びながら能力アップを目指していきます。

梅雨の季節、蒸し暑い日々が続いているので
体調管理にも気をつけながら活動するようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top