予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

発達障害では睡眠障害を併発することも多く早期の対処が大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-09-11

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

ASD(自閉症スペクトラム)やADHDなど発達障害のある子ども達は、
二次障害として睡眠障害を併発していることがあります。
夜になるにつれてハイテンションになって、そのまま明け方まで
寝ない日々が続いたり、寝たと思ってもすぐに起きて
大パニックを起こす夜驚症におちいってしまう子もいます。

夜驚症は夜泣きと呼べるようなレベルではなく、
パニック状態なので声をかけても届かず、落ち着くまで待つしかないので、
家族も体調を崩してしまう場合があります。

子どもにとっても、支援するご家族にとっても心と体の健康が
大切なので、症状がひどければまずは医師に相談することが必要です。

私達こどもプラスの教室でも、日々の療育活動でしっかりと
サポートをしていきたいと思います。

今日は、私達の放課後等デイサービスの教室で提供している
運動療育プログラムから「ボール足挟み渡しっこ」をご紹介します。

子ども達は数人ずつのグループになり、横一列に並びます。
体操座りのように膝を立てて座ったら、両手は後ろにつきます。

足を前に出して両足の指先でボールを挟んで持ち上げます。
この時、指先に力を入れることで腰から足全体に力が入り、
下半身の連動性を高めることができます。

足でボールを持ち上げたら、隣の友達に渡していきます。
受け取る人も、両足の指先で挟むようにして受け取ります。

ボールを足で持ち上げる時、強く腹筋が養われます。
できるだけ高い位置でボールの受け渡しができるように
最初の見本と声掛けで伝えておきます。

また、ボールを渡す時に相手が受け取りやすいように気遣ったり、
相手とコミュニケーションをとることで
社会性の部分をしっかりと養うこともできます。

遊びながら様々な力を無理なく身に付けていけるように、
細かな工夫をたくさんしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top