予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

発達障害特性は自分自身の苦痛にもなっていることが多く療育が大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-10-19

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害の中でもASDの子ども達は、こだわりが強く一度覚えたルールは
どんな状況でも守ろうとしたり、規則を厳密に守るという特徴があります。
そのため、例外は絶対に認めなかったり、0か100かという極端な思考に
なりがちです。
そしてこの特性は、本人の精神的苦痛になっていることが多く、
周囲とのトラブルの原因にもなります。

脳の特性で「一度インプットしたことは絶対に覆せない」と思っているので、
簡単に改善していけるようなものではありませんが、
療育を受けることで少しずつ思考の柔軟性を身に付けていくことができます。
子ども達が少しでも生活しやすくなるように、支援を続けていきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムの中から「トンネルくぐりワニ」をご紹介します。

子ども達は2人組みになり、じゃんけんをします。
じゃんけんに勝った人は、その場で足を開いてトンネルを作ります。
負けた人は、そのトンネルの中をうつ伏せで這う
ワニ歩きでくぐり抜けます。
これを何度か繰り返して遊びます。

ワニ歩きは、うつ伏せで胸までしっかり床につけたら、
両手を交互に前に出して体を引き付けるようにして進む動きです。
腕の力だけで進めない場合は、足を開いて指先で地面を蹴りながら
進むようにします。

トンネルをくぐる時は、途中で顔を上げたりするとぶつかって
危ないので、しっかりくぐり抜けるまで低い姿勢で行なうようにします。

慣れてきたらトンネルを作る時の姿勢を変えてみたり、他のペアと
じゃんけん列車のようにつなげていったりしながら楽しく遊び、
コミュニケーション力、社会性、記憶力、判断力などを
しっかりと育てていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top