予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

アンケート

最近の投稿

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

発達障害特性で忘れ物が極端に多い場合は個々に合わせた支援が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-11-08

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

学校の持ち物は曜日や時間割によって違ったり、
その日の授業の内容などで変わったりするので、
忘れ物が多い子どもの場合は、持ち物リストを作って一緒に準備をする
などサポートが必要になります。

そして、「リストを見ようとしている」「途中まででもリスト通り用意できた」
などステップごとにしっかり褒めながら、最終的には1人で
準備ができるようにしていく支援が大切です。

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「跳び箱1周跳び」をご紹介します。

低めの跳び箱を用意し、その上に両手をつき両足でジャンプをします。
そして、跳び箱の周りをジャンプしながら時計回りに回っていきます。

ポイントは、手の指をしっかり開いてつき、両足はバラバラにならないように
揃えてできるだけ高くジャンプをすることです。
速く回ろうとすると、足がバラバラになったりジャンプがおろそかに
なるだけでなく怪我にもつながりやすいので、しっかり見本を見せながら行います。

慣れてきたら足を高く上げたジャンプが意識できるように、
空中で両足を打ち合わせる足打ちをしながら行ってみます。
少しずつ難易度を上げたり、いろいろな遊び方で楽しみながら、
腕で体を支える支持力、バランス力、跳躍力、空間認知力などを養い、
跳び箱遊びの上達につなげていきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top