予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

運動と学習の組み合わせが子ども達の集中力を高め療育の効果を上げます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-03-22

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

私達の教室では運動療育や学習サポートを行なっていますが、
運動と学習は別々に考えるのではなく、うまく組み合わせることで
子ども達の集中力が上がって効果が高まりやすくなります。

具体的には「動く」→「静かな時間」→「学習」というセットが良いので、
こどもプラスの教室では、運動あそび→読み聞かせ→フラッシュカード
などのように組み合わせて行なっています。

より効果的な方法で子ども達の能力を引き出しながら、
個々の力をしっかりと伸ばしていきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムの中から「ミニハードル走り」をご紹介します。

子どもの膝くらいの高さのハードルを複数間隔を空けて設置し、
順番に跳び越しながら走っていきます。

スムーズに進んでいくためには、つま先で走ること、腕を振って
走ること、ハードルの前で一旦止まらないこと、両足ジャンプではなく
走りながら跳んでいくことなどがポイントになります。
ただ、これらをいきなり完璧に行なうのは難しいので、
その子に合わせて1つずつクリアしていけるようにします。

ジャンプが大きすぎても小さすぎてもスムーズに進んでいくことが
できないので、繰り返し行なっていく中で
空間認知力やハードルの高さに合わせて
体の動きをコントロールする力を身に付けていきます。

また、慣れてきたら直線コースだけでなくカーブのあるコースに
挑戦してみたり、他の動きと組み合わせてみたりしながら、
それぞれが自分のペースで力をつけていけるように工夫しながら
遊びを提供していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top