発達障害特性を持つ子が安心して生活できるように支援をしていきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-04-24

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

小学校のクラスの中には、今も昔も
・いつも落ち着きがない
・忘れ物が極端に多い
・言葉や行動の乱暴さが目立つ
・先生に怒られてばかりいる
・友達の輪に入るのが苦手
といったような「気になる子」が大体1人から2人います。

発達障害の診断の有無に関わらず、こうした特性を持つ子ども達の多くは
実は支援を必要としている状態です。

最近では「発達障害」という言葉の認知は広がっていますが、
まだ多くの人に正しい理解がされているとはいえず、
こうした子ども達への支援も必ずしも行き届いているわけではありません。

子ども達が感じている生き辛さ、不安、ストレスが少しでも早く
軽減され、安心して生活できるよう私達も支援をしていきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で提供している
運動療育プログラムの中から「しゃがみカニ歩き」をご紹介します。

子どもは平均台の上に横向きに乗り、しゃがんでカニ歩きをします。
背すじを伸ばしてつま先立ちで、両手は顔の横でカニのように
チョキにして歩きます。

しゃがんで前向きに歩く場合は、膝とももを前後に動かせば良いので
そこまで難しくありませんが、横歩きでは足の稼動箇所が制限されます。
その状態で歩くことで、難易度が高い動きになります。
さらに平均台の上を歩かなければいけないので、
よりバランス力や足の踏ん張り力が必要になります。

通常バランスをとるためには腕を使いますが、
顔の横でチョキに固定しているので、バランスがとりにくくなります。
そのため、全身の筋力を調整してバランスをとる力が強く育ち、
体や感覚の成長を促すことができます。
この全身の筋力調整ができるようになると、普段先生の話を聞く時に
体を止めて聞くことができるようになってきます。

バランスがとりにくい場合は平地で練習をしたり、
手をチョキにしなくても良いので指導者と手をつなぎながら行ない、
少しずつステップアップを目指して遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02
    Copyright© 2014 八王子市 放課後等デイサービス チャイルド ブレイン All Rights Reserved.