予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

家庭・学校に加え放課後等デイサービスでの療育活動が重要視されています。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-06-22

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

近年、特別支援学級を希望する子が急増しています。
教室が足りなかったり、指導する先生が専門知識を持っていない
先生だったり、支援の質も学校や先生によってムラがある場合が
多く、学校以外での療育活動がとても重要視されています。

こどもプラスの放課後等デイサービスでは、1人1人の発達段階、
持っている特性に合わせた療育カリキュラムで
個々の力を最大限に引き出し、伸ばしていきたいと思います。

今日は教室で提供している運動療育プログラムから
「タイミングジャンプ」をご紹介します。

ビニールテープなどで、床に2本の線を30cmほどの幅を
持たせて引いておきます。
子どもはこの線の中に入ったら、そこから出ないようにします。
そして、横から少しずつ子ども達の足元に向かって縄を
近付けていくので、縄が足元にきたらジャンプして避けて遊びます。

2本の線の中から出ないように気をつけながら、
真上にジャンプすること、動いている縄をよく見てタイミングを
合わせてジャンプすることがポイントです。
縄がくるまで我慢できずに慌ててジャンプしてしまう子や
その場でのジャンプが苦手な子もいます。
最初は子どものジャンプに縄の動きを合わせてあげたり、
2本の線の幅を広めで調整したりしながら行います。

この遊びが上手になると、リズム感が養われ、その場での連続ジャンプも
上達してくるので、大縄跳びの習得、上達につながります。
また、集中力や抑制力、判断力なども養うことができるので、
日常生活でも役立つ力になります。

1人1人の段階に合わせて調整しながら、楽しく取り組めるように
工夫するようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top