予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

子どもが必要としている支援で将来につながるサポートをしていきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-08-21

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

定型発達の子ども達は、家庭の中や近所の友達との関わり、
保育園、幼稚園などでの生活の中で、自然に集団生活や社会生活に
必要な様々なスキルを習得していきます。

しかし、発達障害を持つ子ども達は、こうしたスキルを
生活の中で自然に身につけることが難しく、
他の子と同じやり方で身につけることも困難です。
そのため、個々に合った方法で繰り返し丁寧にやっていく
必要があります。

私達も1人1人が必要としていることを見極めながら
支援・サポートをしていきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムから「幅跳びカンガルー」を
ご紹介します。

2本の縄を、間を数十センチ空けて床に置きます。
子どもはこの2本の縄を一気に跳び越しますが、
縄の間に落ちないように大きなジャンプをします。

跳ぶ時は両足を揃えて膝を曲げ、腕を大きく振って
反動をつけながらジャンプができるようにします。
前方向に跳ぶことで両足がバラバラになりやすいので、
直前に声掛けをしたり、足が離れないように足の間に
「魔法ののり」を塗ってあげたり、
子どもの横か前に立って手をつないで一緒にジャンプをしてみるなど
その子に合った補助で上達につなげていきます。

この遊びで、ジャンプをするための脚力や足の指先の踏ん張る力、
腹筋背筋、そして空間認知力やイメージ力を養うことができます。
初めは狭い幅から行ない、少しずつ幅を広げたり
1つ1つのポイントを正確にできるようにして
上達を目指していきます。

ジャンプが苦手な子も、その子に合ったやり方で
成功体験を積んでいくことができるようにし、
1人1人が自分のペースでステップアップしていけるように
工夫をしていき、自信になるようにしたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top