予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

発達障害の子ども達が自分らしく成長できる環境作りが大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-08-27

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害でも早期発見の流れが進んでいて、小学校低学年までに
診断されるケースや、診断はつかなくても支援を受けるように
勧められるケースがとても多くなっています。

そうした子ども達が増える一方で学校側の対応はなかなか
追いついておらず、自治体や学校によっても支援に差があり、
必ずしも子ども達が適切な支援を受けられていない場合が
多いのが現状です。

子ども達が安心して毎日を過ごし、自信を持って成長して
いけるように、私達の教室では運動療育や学習サポートなどで
1人1人に合わせた療育支援を行なっていきます。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムの中から
「ジグザグカップタッチクマ」をご紹介します。

ジグザグのコースを作り、コースの周りに赤・緑・黄色などの
複数の色のカップを置いておきます。
子どもは、ジグザグコースの中をクマ歩きで進みながら
「赤だけ」などと指定されたカップだけをタッチしていきます。

クマ歩きのポイントを意識しながらコースに合わせて歩き、
指定されたカップを記憶しながらタッチしていくという
複数のことを同時に行なう必要があり高度な遊びです。
全てのポイントを完璧に行なうのは難しいので、
スモールステップで少しずつ進めていきます。

慣れてきたら少し難易度を上げて「赤と緑」や「黄色以外」、
「赤→黄色の順に繰り返し」など複雑な指示でも挑戦してみます。

この遊びで、腕の支持力、バランス力や身体コントロール力、
聞く力、語意力、判断力、記憶力などの強化が期待できます。
指示通りに動く遊びなので、訓練のようになってしまわないように
子どもの興味や得意分野などに合わせた遊び方で
楽しく提供していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top