予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

障害の診断がつかなくても支援が必要なグレーゾーンの子達が増えています。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-08-17

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

最近では発達障害についての認識が広がってきたことや
診断技術の向上などもあり、発達障害と診断される人が
増えていますが、発達障害の診断まではいかない
グレーゾーンに位置する子どももとても増えています。

発達障害と定型発達の境界線はとても曖昧なために、
症状があっても障害とまではいかず、
必要な支援を受けられていないケースもあります。
支援を必要としている子ども達に支援が行き届くように
私達も活動をしていきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「並びゲーム」をご紹介します。

いろいろな条件で子ども達に並ぶ場所を指示するので、
子ども達は指示された場所に素早く移動して並びます。

例えば「男の子は青いカードの前へ、女の子は赤いカードの前へ
並びましょう」というように性別や年齢、色など
わかりやすい条件で指示を出すので、
自分がどこに当てはまるのか考え、素早く判断して動きます。

慣れてきたら、「赤い帽子の人は先生の前に友達と手をつないで
2列で並びましょう。」
などと少しずつ条件を複雑にしながら、
語意力や思考力、判断力、聞く力、そして気付きの力を養っていきます。

それぞれの理解力や特性などに合わせて
指示の出し方や難易度調整など細かく工夫して提供し、
遊びながら日常生活で活かせる様々な力を
少しずつ確実に育てていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top