予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

発達障害の子ども達には早期の対応で合併症を予防することが大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-10-31

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害は先天的なものなので、うまく付き合っていくことが大事です。
対応次第で能力を引き出して良い方向に開花していくことができたり、
二次的に合併症を引き起こして悪循環になってしまうこともあります。

今、大人の発達障害の人達ではうつ病や不安障害など合併症が
ある人の方が多いと言われています。
幼い頃から生き辛さを抱えている子ども達が少しでも早く
生きやすくなり、自分らしく成長していけるように
私たちも支援・サポートを続けていきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムから「合図ダッシュ」をご紹介します。

子ども達はスタートラインに並び、かけっこのスタート姿勢をとります。
そして、スタートの合図があったらゴールに向かってダッシュをし、
ゴールラインの上でピタッと止まります。
通常のかけっこのようにゴールラインを走り抜けるのではなく、
ピタッと止まるのがポイントです。

慣れてきたらスタートの合図を変えたり、
スタート姿勢を体育座りやうつ伏せで寝転んだ状態から
始めてみたりします。
そうすると、さらに合図をしっかり聞こうと集中力が育ち、
素早く体を起こす瞬発力や機敏性、柔軟性も高めることができます。
子どもによって得手不得手があるので、
1人1人に合った方法を考えて行なっています。

合図があるまで動かずに待つことは、運動の場面では多くあります。
発達障害特性を持つ子ども達の多くは待つことが苦手ですが、
遊びの中で経験することによって身に付けやすくなるので、
こうした運動あそびを通して、待つことに必要な力も
少しずつ身に付けていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top