トップページ

ご利用方法

お客様の声

アクセス

よくある質問

お問い合わせ

発達障害特性による困り事の多くは周囲の支援で軽減可能です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-05-11

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害を持つ子ども達は、その特性によって日常生活の中で
様々な不都合や困り事を抱えています。
困り事は多岐に渡り、他の人には想像しにくいものも多いですが、
その多くは周囲の人のサポートによって軽減させることができたり、
うまく対応していくことができるようになります。

子ども達が感じている困り事が減ってスムーズに生活できるようになり、
将来的な自立につなげていけるように
1人1人のニーズに合った療育を提供していきたいと思います。

今日はこどもプラスの放課後等デイサービス教室で提供している
運動療育プログラムから「サルのカップキック」をご紹介します。

子どもは両手で鉄棒につかまり、脇を締めて肘を曲げた状態で
ぶら下がる「おサルさん」に変身します。
そしたら子どものお腹くらいの高さに、赤と青など2色のカップを
横に並べて出し、どちらのカップをキックするかを伝えるので
子どもは指示された色のカップを素早くキックします。
キックは両足を揃えた両足キックが理想ですが、
難しい場合は片足キックでも構いません。

大事なポイントは、肘を曲げた状態で行なうことです。
肘が伸びていると左右にキックを出そうとしても
下半身しか動かせないので、狙った位置に足を出すことができません。
しっかり脇を締めて肘を曲げてできるように
必要に応じて補助もしながら行います。

スムーズにできるようになってきたら、キックするカップの色を
「トマトの色」などと指示することでイメージ力を刺激したり、
「赤→青の順番にキック」と記憶力を刺激するような指示でも
行なっていきます。

また、筋肉に力を入れた状態で思考をすることで、
2つのことを同時に処理する能力も高めていくことができます。
日常生活の多くの場面で必要とする力なので、
運動あそびで効果的に身に付けていけるように促していきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    姉妹教室も是非ご覧ください!

    姉妹教室の天神町教室・中高生向けのめじろ台教室のブログも更新しております。
    ぜひ、ご覧ください(*’▽’)

    当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
    お気軽にお問合せください。

     

     

    こどもプラスは全国に教室がございます。
    教室情報はこちらからご確認いただけます。

    療育プログラムの紹介

    見学会・イベントのご案内

    職員のご紹介

    アンケート

    2018年5月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031 

    Facebook

    お問い合わせ

    こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

    運営会社について

    職員の募集

    こどもプラス 障がいを抱えるお子さんのための運動教室

    こどもプラス 保育士向けサイト

    RYD 障壁のないまなびを提供

    NPO法人運動保育士会サイト

    こどもプラス FC加盟募集サイト

    ▲page top