予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

発達障害での常同行動は意味のある行動なので適切な対応が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-08-29

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害の子ども達は、ブロックをひたすら並べたり、
回転する物をずっと見続けたり、同じ行動を延々と
続けていることがあります。

他の人から見れば、一見意味のないように思える行動ですが、
それをすることで心の安定を保っていることが多いので、
無理にやめさせるとパニックになったり、
全くやらせないようにしてしまうとストレスがたまります。

だからといって、やらなければいけないこともあるので、
うまく切り替えられるように導いていくことが大切です。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「おつかいリレー」をご紹介します。

少し離れた台の上に、いろいろな絵カードを置きます。
子ども達は数人で1つのチームになり、
指定された絵カードを1人ずつリレー形式で持ってきます。

例えば「ご飯を食べる時に使う2本の細長いものは?」などの
問題を出すので、答えをチーム全員で考えます。
答えがわかったら一番最初の人が絵カードを取りに行きます。
正解したら、次の人と交代します。

1人ずつ順番に行ない、できるだけ速く全員がゴールできるように
協力して遊びます。

自分の順番を覚えておくことや、問題を聞いて考えること、
友達とコミュニケーションを取ったりすることなど
たくさんの要素があり、少し難しい遊びです。

子ども達の理解力や集中力などにも合わせて、
工夫しながら遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top