障害特性についてよく知り、それに合わせた環境調整が大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-11-01

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害の診断を受けるかどうかを決めるのは、本人やご両親の判断です。
ただ、生活面、学習面などで多くの困難を感じていれば、
適切なサポートを受けられないのは、とても生きにくく不安やストレスの
多い辛い毎日です。
障害特性についてよく知り、生活しやすいように環境を整えてあげれば
持っている力を引き出し、良い方向に伸ばしていくことができます。

支援が必要なお子さんに、少しでも早く適切な支援が行き渡るように
私達も活動をしていきたいと思います。

こどもプラスの放課後等デイサービスでは運動療育を主軸としています。
今日はその運動療育プログラムの中から「まねっこ遊び」をご紹介します。

指導者が「頭」「お腹」「膝」「ほっぺ」など体の部位を言いながら
その部分を触るので、子ども達も同じように言葉で言いながら
自分の体のその部分を触ります。

ただ動きを真似するだけでなく、言葉も発するのがポイントです。
そうすることで言葉の理解を促したり、相手の言葉に集中する力を
養うことができます。

慣れてきたら、スピードを速くしたり、歩きながら言葉と動きを真似してみるなど、
少しずつレベルアップしながら遊んでいき、
社会性やコミュニケーション能力、集中力、模倣力などを育てていきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top