毎朝の準備に時間がかかる場合は丁寧な支援が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-12-07

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

子どもが自分1人で朝の準備ができるようになるには
時間がかかることも多いですが、発達障害の子ども達ではさらに時間が
かかることが多く、1つ1つ支援してあげる必要があります。

例えば着替えの順番がわからなくなってしまう場合は、
着替える順番に服を横一列に並べておいたり、
途中で他のことに気をとられてしまう場合は、
環境を変えたり、歌が1曲終わるまでと決めて始めたりします。

そしてその都度褒めながら、少しずつサポートを減らしていき、
徐々に1人でできるように導いていくことが大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している運動療育プログラムから
「手足逆の連続グーパー跳び」をご紹介します。

まず通常のグーパー跳びのやり方は、両手を曲げて胸につけ
足を閉じた「グー」の姿勢と、両手を広げて上に伸ばし、
足を広げた「パー」の姿勢を交互に繰り返していく動きです。

このグーパー跳びを、手足逆の動きで行います。
手がグーの時は足はパー、手がパーの時は足はグーにします。
最初はその場でゆっくり練習し、動きが理解できてスムーズになったら
線路に見立てた2本の縄を使って、足がグーの時は線路の中につき、
パーの時は線路の外側に足を開いてつきながら進んでいきます。

手と足で別の動きをするのは、手と足に別々に意識を向ける必要があり
難しいですが、縄があることでさらに難易度が上がります。
ゆっくりで良いので、縄を踏まないように一定のリズムでできるようにしていきます。

このような遊びでは、集中力のコントロールをしたり、2つのことを
同時に行なう力が養われます。
こうした力は遊びの中で少しずつ身に付けていくことで、日常生活でもその能力を
活かすことができてくるので、取り組みやすい環境作りや
一人一人に合わせた難易度調整をし、継続的にできるようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top