ASDの人の脳ではよく働く部分とそうでない部分があるようです。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-02-27

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

最近は脳の研究が進み、発達障害の人の脳とそうでない人の脳では
違うところがあることがわかってきています。

ASD(自閉症スペクトラム)の人の脳では、よく働いている部分と
そうでない部分があり、働きが弱いのは人の気持ちを察したり
共感したりする部分、状況に合わせて表情を作ったり
相手の真似をしたりするといった部分です。

苦手な部分を補っていく支援はもちろん大切ですが、
反対によく働く部分もあるので、得意なところや好きなところ、
良い面はしっかりと伸ばしていってあげられるような
支援・サポートも力を入れていきたいと思います。

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「忍者ゲーム(座る・跳ぶ)」をご紹介します。

子ども達は忍者になり、数人ずつ一列に並びます。
指導者は侍になって、新聞紙やタオルなどで作った刀を持ち、
子ども達の頭と足の部分に攻撃をします。
「頭」と言った時は頭の上をその刀でスイングするので、
子どもは刀に当たらないように両手で頭を押さえてしゃがみます。
「足」と言って刀で足元をスイングさせたら、
ジャンプして避けます。

子ども達は、「頭」なのか「足」なのかをよく聞いて
素早く動くことがポイントです。
集中力、判断力、聞く力、そして相手に意識を向けることで
コミュニケーション力も強く養われる遊びです。

慣れてきたら「頭」と「足」をランダムにしたり、
「足じゃない方」などと指示の出し方に工夫をしていき、
さらに力を発達を促していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top